最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 蹄の補強効果で気配絶好。実戦の走りにも豪快さが戻ってきてくれれば。☆デルフィーノ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳・関西馬/頓挫組) »

2015年8月15日 (土)

叩き良化型も、時計の速い今の小倉ダートに対応するのは難しそうで…。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜小倉8R 3歳上500万下(ダ1700m) 5枠9番 和田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 12日に坂路で追い切り

助手「今朝(12日)、坂路で併せて追い切りました。ここ最近は坂路でもよく動く様になったなと感じていましたが、52秒4で終い12秒7で上がってくるのですから、調子はかなり良いのでしょうね。今回は降級2戦目ですし、小回りコースでも時計の掛かる馬場なら十分対応してくれるはずです。1000万クラスで勝ち負けの手前まで来ている馬なのですから、しっかり決めてほしい所ですね」(8/12近況)

助 手 12栗坂良 52.4- 38.4- 25.2- 12.7 一杯に追う アルバタックス(古オープン)一杯に0.1秒先行0.3秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回小倉6日目(8月16日)
8R 3歳上500万下
サラ ダ1700メートル 指定 定量 発走13:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 グレートエンジェル 牝5 55 国分恭介
1 2 タツグレート 牡6 54 鮫島克駿
2 3 シュバリエブラン 牡3 54 酒井学
2 4 ニシオボヌール 牡3 54 太宰啓介
3 5 ティマイドリーム 牡5 56 松若風馬
3 6 ユイマール 牡3 54 武幸四郎
4 7 ローザズカレッジ 牡5 57 松山弘平
4 8 ワールドリースター 牡3 54 川田将雅
5 9 ヴィッセン 牡4 57 和田竜二
5 10 ラインシュナイダー 牡3 54 国分優作
6 11 マルカロゼッタ 牡4 57 北村友一
6 12 チョウゴキゲン 牡3 51 義英真
7 13 ダイシンロイ 牡4 57 川島信二
7 14 カクシアジ 牝4 55 高倉稜
8 15 サクラテイオー 牡6 56 岩崎翼
8 16 スリーダッシュ せ5 57 秋山真一郎

○石坂師 「前回は前が止まらない展開だったが、力の一端は見せた。叩いたのはプラスだが、脚質的に小回りが鍵になりそう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

良くも悪くも相手なりのタイプで500万下を勝った時も辛勝だったので、降級だからといって信頼できるとは思っていなかった前走。苦手な時計勝負の馬場になったとはいえ、勝ち馬に2秒近く離されてしまったのが大いに不満。推進力のない走りなので鋭い伸びは期待できないことが露呈してしまいました。左回りも案外かもしれません。

その前走を叩いて臨む今回。元々使い込んで良いタイプなので状態面での上積みはあるでしょうが、中3週のローテで追い切りが2本。久々の前走の方が攻めは熱心でした。一変まで望むのはどうかなあ?

レース前のコメントを見ると、器用さに欠けるので小倉の小回り・ダ1700mという条件に陣営は不安視しています。馬群で揉まれる形になると、ズブさを見せそうですが、外を自分から仕掛けていく形なら大丈夫と見ます。また、詰めの甘い馬なので直線が短くなるのはプラスでしょう。どうせ行き脚は付かないので、無理に好位を取るにいくことはリズムを欠くことになると思います。

ただ、今の小倉のダートは明らかに高速馬場。特にダ1700mは中央場所でダ1400mを主戦場にしているスピード馬の好走が目立っているように思います。前走のように前が止まらないかもしれません。ひと叩きして前走からの前進を図って欲しいですが、前走より着を落とす可能性はそれなりにありそう。何とか消耗戦に持ち込んで、渋太さが生きる展開に持ち込むことが好走条件でしょう。

« 蹄の補強効果で気配絶好。実戦の走りにも豪快さが戻ってきてくれれば。☆デルフィーノ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳・関西馬/頓挫組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蹄の補強効果で気配絶好。実戦の走りにも豪快さが戻ってきてくれれば。☆デルフィーノ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳・関西馬/頓挫組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ