2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

出資馬一覧

最近のコメント

« 馬群で揉まれず自分のリズムで外を動いて行く競馬が出来れば、この結果は当然で。☆ベルフィオーレ | トップページ | 能力を発揮できる絶好の舞台が整うも、直線でまたまた前が塞がってしまい脚を余してしまう。★シルクドリーマー »

2015年7月12日 (日)

スタートで痛恨の出遅れ。控える形で競馬をすることになるも、ピリッとした脚を使えずに失速。★ワンダフルラスター

Photo ワンダフルラスター(牡・音無)父Tiz Wonderful 母Greer Lynn

土曜中京10R 尾頭橋特別(ダ1200m) 12着(9番人気) 松若J

スタートで出遅れ、道中は中団のインコースを追走、4コーナーから追い上げに掛かると、直線では内目からジワジワと差を詰めましたが、残り200m付近から脚色が鈍ってしまい、後方に敗れています。

松若騎手「気持ちが乗り過ぎない様に返し馬からゆっくり入って行きましたが、ムキになるところもなかったですし、競馬まで上手く行けたと思います。ゲートインしてから横を向いたり、後ろにもたれたりして落ち着きがなかったので気を付けていたのですが、後ろにもたれた瞬間にゲートが開いて出遅れてしまいました。あの位置ですし、覚悟を決めて前半は無理させずに追走していきましたが、勝負処で追い出しに掛かるとハミをぐっと噛んでくれたので、これなら終いの脚を生かせると思いましたが一瞬だけでした。ゲートを上手く出せず申し訳ありませんでした」

音無調教師「出来るだけスタミナを消費しない様に装鞍所から気を付けましたが、休み明けにしてはパドックでも一人で引けるぐらい我慢していましたし、返し馬も松若騎手がゆったり入ってくれたのでレースまでは上手く行ったと思います。ゲートには気を付けるように言っていましたが、中でかなり落ち着きがなかったようで、後ろに重心が掛かった時に開いてしまったようです。さすがにあの展開ではこの馬の持ち味が生かせないし、まったく参考外のレースになってしまいました。権利が取れればそのまま続戦させるつもりでしたが、権利がないとかなり間隔を空けないと使えない現状なので、一旦近場のノーザンファームしがらきに放牧に出していつでも戻せるように進めてもらいます。トレセンに戻って状態を確認してから放牧に出します」(レース結果)

※レース動画はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

返し馬までメンコ。馬場先出し。出遅れて後方。ラチ沿いに入れて3角では中団の位置取り。距離損を抑えて立ち回ったものの、直線はサッパリ伸びず。久々で初の古馬相手だけに仕方ない面はあるだろう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

久々でもプラス2キロと好時計を連発していただけあって仕上がりは良好だったと思います。それ故に今回の走りでワンダフルラスターの現状の力を把握できるかなと見ていたら、スタートで痛恨の出遅れ。今回はこれで終わってしまいました。

控える形での追走になりましたが、道中は砂を嫌がったりするような面はなし。それなりにレースに参加できているように見えましたが、いざ追い出してからの伸びがホント一瞬だけ。坂を上がった時点で勢いはなかったですし、どういう走りをしていたかは画面からは良く分かりませんでした。

ただ、客観的に見ると、上がり3ハロンの37秒6は出走馬16頭中14番目。逃げ粘ったローレルベローチェよりも遅いです。ハナか揉まれない位置での追走なら違ってくるのかもしれませんが、明るい見通しは立たないなあというのが率直な感想です。距離を短縮した分、失速する程度はマシだっただけかと。喉に問題があるなら早めに手術に踏み切って欲しいです。

まだまだ厳しい結果が続きそうですが、良い方へ向かっていけるようにやれることは積極的に取り組んでいってもらいたいです。

« 馬群で揉まれず自分のリズムで外を動いて行く競馬が出来れば、この結果は当然で。☆ベルフィオーレ | トップページ | 能力を発揮できる絶好の舞台が整うも、直線でまたまた前が塞がってしまい脚を余してしまう。★シルクドリーマー »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ワンダフルラスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 馬群で揉まれず自分のリズムで外を動いて行く競馬が出来れば、この結果は当然で。☆ベルフィオーレ | トップページ | 能力を発揮できる絶好の舞台が整うも、直線でまたまた前が塞がってしまい脚を余してしまう。★シルクドリーマー »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ