2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 17日に栗東・高野厩舎へ戻っています。★ディグニファイド | トップページ | 降級戦で地力上位を見せつけて欲しいが、速い時計の出る馬場には不安も。詰めの甘さを見せなければ良いのですが…。☆ヴィッセン »

2015年7月17日 (金)

立て直してのダート戦。魅力はあるも、肝心の動きにガラリ一変の気配がないだけに…。★カルディア

Photo_6 カルディア(牝・橋田)父ゼンノロブロイ 母レディアーティスト

7月18日(土)函館2R・3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700mに藤岡康Jで出走します。7月15日(水)良の函館・ウッドチップコースで5ハロン67.5-53.1-38.8-13.4 8分所を強目に追っています。追い切りの短評は「追われて案外」でした。発走は10時25分です。

○橋田調教師 「7月15日(水)もウッドで追い切っています。厩舎に戻って約1ヶ月。十分な調教量を積んでおり、態勢は整ったと言えるでしょう。切れるタイプとは違うだけに、前々で運んで粘り込むような形をイメージ。ダート替わりがプラスに働けば・・・」

≪調教時計≫
15.07.15 助手 函館W良 67.5 53.1 38.8 13.4(8)強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回函館3日目(7月18日)
2R 3歳未勝利
サラ ダ1700メートル 指定 牝馬 馬齢 発走10:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 シャトーブリアン 牝3 54 三浦皇成
2 2 エヴリホープ 牝3 51 城戸義政
3 3 カルディア 牝3 54 藤岡康太
4 4 ウイングタイガー 牝3 54 小林徹弥
5 5 トリルビー 牝3 54 木幡初広
5 6 ミエル 牝3 51 井上敏樹
6 7 テンツクテン 牝3 54 長岡禎仁
6 8 パープルオンリー 牝3 54 田中健
7 9 ゴールドグローリー 牝3 54 柴山雄一
7 10 メイスンセンター 牝3 54 岩田康誠
8 11 ラヴィーゲラン 牝3 51 加藤祥太
8 12 アサバスカ 牝3 54 池添謙一

○橋田師 「胃潰瘍で体が大きく減ったので立て直した。20キロほど増えて、休養前より馬は良くなっている。ダートでどれだけ変われるか」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

11月の京都でデビューしたのに、今回で3戦目というカルディア。前走後、早々に夏の北海道シリーズへ矛先を向けてきたのですが、大幅な馬体減は輸送に弱いというだけでなく、胃潰瘍という原因があったようです。この辺は隠さずにクラブからの情報で示してもらいたいです。

4月頭にケイアイファームへ戻ってからは馬体の回復に専念。この間に薬の投与をしながら胃潰瘍のケアにも取り組んだのでしょう。馬体が戻り出してからは順調な経過。脚元等の不安は出ることなく、函館競馬場へ移動→出走へと駒を進めることは出来ました。

実戦は約4ヶ月ぶり。帰厩してからここへ向けて攻め本数は十分。じっくり乗り込むことが出来ました。馬体増も約20キロを保てているようなので、滞在競馬ならそう減らないで実戦へ臨める筈。ただ、豊富な乗り込みとは裏腹に攻めの動きは目立つものではなく…。ダート替わりのプラスは大きいですが、脚抜きの良い馬場になって速い時計決着では苦しそうに思います。まあ、デビュー2戦が勝ち馬から2秒離されて負けている馬ですし。希望を持ちつつも、ガラリ一変となると難しいでしょうね。

多くは望まないも、キャリアの浅い馬ですし、まずは次へ繋がるものを見せて欲しいです。スタートは上手な馬。前々でレースの流れに乗って、競馬に参加できることを示してもらいたいです。

« 17日に栗東・高野厩舎へ戻っています。★ディグニファイド | トップページ | 降級戦で地力上位を見せつけて欲しいが、速い時計の出る馬場には不安も。詰めの甘さを見せなければ良いのですが…。☆ヴィッセン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)カルディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 17日に栗東・高野厩舎へ戻っています。★ディグニファイド | トップページ | 降級戦で地力上位を見せつけて欲しいが、速い時計の出る馬場には不安も。詰めの甘さを見せなければ良いのですが…。☆ヴィッセン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ