2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

出資馬一覧

最近のコメント

« 芝の長距離戦を求めて函館へ転戦。小回り特有の厳しい流れになった際、集中力を持続して付いていけるかがポイントに。★ジューヴルエール | トップページ | 崖っぷちの戦いが続きますが、芝1200mで悔いを残さない走りを見せて欲しい。★リミットブレイク »

2015年7月25日 (土)

今夏3走目でデキはピーク。1000万下でも臆せず前走のような競馬をしてくれれば…。☆ベルフィオーレ

Photo_6 ベルフィオーレ(牝・藤原英)父ディープインパクト 母ワンフォーローズ

7月25日(土)函館12R・駒場特別・混合・ダ1700mに岩田Jで出走します。7月22日(水)良の函館・ダートコースで5ハロン70.2-53.8-39.1-12.5 7分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「ますます快調」でした。発走は16時05分です。

○田中調教助手 「7月22日(水)は私自身が跨りました。使いつつ順当に良化を遂げ、3回目の今回が最も良い感じですよ。ただ、クラスが上がっての1戦。さすがに前走のような形は通用しないでしょう。ある程度の位置に付け、正攻法の競馬が出来れば・・・」

≪調教時計≫
15.07.22 助手 函館ダ良 70.2 53.8 39.1 12.5(7)馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回函館5日目(7月25日)
12R 駒場特別
サラ ダ1700メートル 3歳上1000万下 指定 混合 定量 発走16:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 キャンバス せ4 57 四位洋文
2 2 ブレーヴマン 牡3 54 藤岡康太
3 3 ダテノハクトラ 牡4 57 菱田裕二
4 4 ベルフィオーレ 牝4 55 岩田康誠
4 5 ノースヒーロー 牡3 54 吉田隼人
5 6 ニホンピロバロン 牡5 57 田中博康
5 7 ワイルドドラゴン 牡5 57 丸田恭介
6 8 シュガーヒル 牡6 57 三浦皇成
6 9 タイセイラビッシュ 牡3 54 勝浦正樹
7 10 マヤノカデンツァ 牡6 57 柴山雄一
7 11 メイショウスミトモ 牡4 57 古川吉洋
8 12 リアライズブラザー 牡5 57 藤田伸二
8 13 ミキノハルモニー 牡4 57 城戸義政

○田中博助手 「前走がそれこそひとマクリ。強かったね。その後も馬体は減っていないし、体調は安定。暖かい今の時季なら、このクラスでも十分に通用すると思っている」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ひと叩きした前走は途中から動いていって後続に5馬身差の圧勝。終わってみれば500万下では力が違った結果ですが、前々走のような正攻法の競馬だと勝っていたとしても、あれほど引き離すことにはならなかったと思います。小柄な牝馬ですし、大きい馬のマークを跳ね返すような力強さはありません。強引に見える競馬でも、外を自分から捲っていく競馬なら能力をフルに発揮できます。それで負けるなら、相手を褒めるしかありません。

今回で3度目の函館戦。中1週続きですが、攻めの動きはますます快調。おそらくピークのデキかなと思います。寒い時季は馬体が硬くなってしまう馬ですが、夏場なら解れやすく、身のこなしに窮屈さはないのでしょう。これまで1000万下で通用していない結果が出ていますが、この時季ならちょっと違うはず。

相手関係ですが、最内枠のキャンバスが強敵。走破時計も1つ抜けていますし、脚抜きの良い馬場もプラスでしょう。あとは前々走で敗れたブレーヴマン、1000万下で実績のあるダテノハクトラ、3歳馬で伸びシロ十分なノースヒーローと内枠にライバルが揃っています。淀みのないレースになりながらも、向正面で仕掛けていく馬が出てきて、最後は消耗戦になりそう。これを前々で付いて行く形になってしまうと惨敗のシーンがあっても。

ホント願うことは、クラスが上がったことを変に意識せず、ベルフィオーレの潜在能力を引き出す最善策を取って欲しいということ。また、どういう競馬が合っているかは前走で証明出来た筈ですから。ゲートを出て、ジワッと追走に入ってくれますように…。

« 芝の長距離戦を求めて函館へ転戦。小回り特有の厳しい流れになった際、集中力を持続して付いていけるかがポイントに。★ジューヴルエール | トップページ | 崖っぷちの戦いが続きますが、芝1200mで悔いを残さない走りを見せて欲しい。★リミットブレイク »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ベルフィオーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芝の長距離戦を求めて函館へ転戦。小回り特有の厳しい流れになった際、集中力を持続して付いていけるかがポイントに。★ジューヴルエール | トップページ | 崖っぷちの戦いが続きますが、芝1200mで悔いを残さない走りを見せて欲しい。★リミットブレイク »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ