最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 22日に栗東・西園厩舎へ戻っています。★プルーヴダモール | トップページ | 芝の長距離戦を求めて函館へ転戦。小回り特有の厳しい流れになった際、集中力を持続して付いていけるかがポイントに。★ジューヴルエール »

2015年7月25日 (土)

状態をキープするのにやっとも、ダートでのレースぶりは着実に上昇中で。☆ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・昆)父ネオユニヴァース 母タッチアス

7月25日(土)中京3R・3歳未勝利・混合・ダ1800mに中谷Jで出走します。7月22日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン84.3-68.9-54.4-40.1-12.4 9分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「馬体維持」でした。発走は11時05分です。

○昆調教師 「函館競馬場に来ており、7月22日(水)の様子を直接は未確認。でも、無事に追い切りを終えた・・・との報告がスタッフより届いていますよ。立て続けに使いながらも、状態は維持できている感じ。あとはレースへ行って一押しが利けば・・・でしょう」

≪調教時計≫
15.07.22 中 谷 栗CW良 84.3 68.9 54.4 40.1 12.4(9)馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3回中京7日目(7月25日)
3R 3歳未勝利
サラ ダ1700メートル 指定 混合 馬齢 発走11:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アトラスパワー 牡3 56 秋山真一郎
1 2 ロードウォーリア 牡3 56 Z.パートン
2 3 ハマノマーキュリー 牡3 56 高倉稜
2 4 メイショウクウボ 牡3 55 松若風馬
3 5 ベラルディ 牡3 56 C.ルメール
3 6 デンコウシュク 牡3 56 武幸四郎
4 7 ロープアドープ 牡3 56 小坂忠士
4 8 ロードプレステージ 牡3 56 中谷雄太
5 9 テイエムゴーケツ 牡3 56 川須栄彦
5 10 スターペスカンタ 牡3 56 岡田祥嗣
6 11 ララクードゥリオン 牡3 56 森一馬
6 12 アロハカウボーイ 牡3 56 小牧太
7 13 ネージュドール 牡3 56 幸英明
7 14 ミュゼバトラー 牡3 56 M.デムーロ
8 15 クリノチクバオー 牡3 56 酒井学
8 16 オメガレイノワール 牡3 56 北村友一

○岡元助手 「ダートに替えて、レース内容が安定してきました。キャンターに力強さが出て来ましたし、引き続きいい状態です」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダートへ矛先を向けて今回が3戦目。過去2戦は共に4着に終わっていますが、レース内容は着実に前進が図られています。ただ、勝ち負けを争うところまでは達していません。馬自身は毎回頑張ってくれているんですがねえ…。もうワンパンチが欲しいです。

また、今回は再度の中1週のローテーション。前回はビシッと一杯に追うことが出来ていましたが、今回は馬なりでの追い切り。馬場の大外を回ることで負荷を掛けていますが、状態を維持することで精一杯というのは否めません。目に見えない疲れで大崩れしてしまってもそれは仕方ないと思っています。

相手関係ですが、前走で先着を許した馬が出てこなかったのは良かったですが、前々走で先着を許したミュゼバトラーがゆとりあるローテで参戦。中京の舞台でその先行力はより脅威でしょう。あとは池江パパのネージュドール、1戦ごとに良化が窺えるオメガレイノワール、初ダートで変わりそうなスターペスカンタあたりも能力を秘めています。

全体的な流れを見ると、ミュゼバトラーを筆頭に前・前でレースをしたい馬が多そうです。最後の直線は我慢比べという感じでしょうね。プレステージのレース運びとすれば、前走のイメージで回ってきてくれればちょうど良いかもしれません。前を意識しつつも、追い出しを我慢する乗り方で。前走より距離が100m短縮になるのは案外プラスでしょうし、脚抜きの良い馬場も悪くはありません。

ダートへ転じて1戦ごとにレースぶりは上昇を遂げているので、状態面の上積みがない中でも、初勝利へ近づくことを願っています。

« 22日に栗東・西園厩舎へ戻っています。★プルーヴダモール | トップページ | 芝の長距離戦を求めて函館へ転戦。小回り特有の厳しい流れになった際、集中力を持続して付いていけるかがポイントに。★ジューヴルエール »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードプレステージ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ロードプレステージ決めてくれましたね、ちょっと感動しました。
レース振りもいつの間にか上手になってしっかり走ってましたし、最後の3頭混戦から抜け出せたのは偉かったです。
気性も成長してきたのかな。

もともと芝の長距離タイプかなって思ってましたが、うちの厩舎としては珍しくダートで潰しが効きました(笑)
いやはやほっとしました( ´ ▽ ` )ノ

追伸
とあるブログでリング君の最近の元気にしている姿をみれて感動しました。
乗馬で頑張っているようですね!

ぼんちゃんさん、おはようございます。
ご一緒のロードプレステージですが、勝ち上がるのは半信半疑でしたが、ダート3戦目で更に上達してくれていましたね。細身ながらも、じわじわと成長してくれている様子。前向きさは欠けますが、ネオの難しい面は見せませんね。

ダートなら500万下でも通用してくれるんじゃないかなと思います。

リングは第2の馬生をしっかり歩んでいるんですね。元気にしているようですし、安心しました。情報ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 22日に栗東・西園厩舎へ戻っています。★プルーヴダモール | トップページ | 芝の長距離戦を求めて函館へ転戦。小回り特有の厳しい流れになった際、集中力を持続して付いていけるかがポイントに。★ジューヴルエール »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ