2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« 3度目の正直でゲート試験合格。このまま厩舎に滞在して来月のデビューを目指すことに。☆ソーディヴァイン | トップページ | 17日に栗東・佐々木晶厩舎へ入厩しました。☆イリデッセンス »

2015年6月18日 (木)

ロードなお馬さん(6歳馬)

Photo_3 ロードガルーダ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター3000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ここに来て坂路コースへ連れ出しています。ひとまずは普通キャンター。恐らく15-15レベルぐらいでも、手術の効果を判断するのは難しいでしょう。暑い時期は北海道で調整し、秋に厩舎へ戻せれば・・・。そんなイメージで取り組む方針です」

Photo_3 ロードハリケーン

滋賀・島上牧場在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「到着後はウォーキングマシン。歩様に関しては大丈夫そうですね。ただ、やはり左前脚球節の腫れは目立つ状態。幾らか熱っぽさも感じられます。炎症を抑えるべく、ひとまずは丹念にアイシング。経過を確認しつつ、対処法を検討しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

“3本の矢”として出資していたアクレイムが屈腱炎発症により引退。この世代はガルーダとハリケーンの2頭になってしまいましたが、それぞれに難病を抱えているので、残された現役の道はかなり険しく短いことを認識しています。

ガルーダは坂路での調教を開始。調教メニューを順調に消化できているのは何より。脚元も大丈夫そうです。あとは手術によって、どこまで喉の負担が改善できたのか…。『効果がなかった』と言われる可能性は相当高いというのは覚悟の上です。

ハリケーンは左前脚球節の腫れが目立つとのこと。ひとまず入念なアイシングで対応してくれているようなので、時間の経過と共に良い方へ向かって欲しいです。ただ、もう1戦走ってしまえば、左前脚の球節は我慢が利かないでしょうし、3度目のPRP治療を施しても、1000万下で通用するかとなると怪しいところ。どちらかの道を歩むことになっても、厳しいのは間違いないでしょう。

« 3度目の正直でゲート試験合格。このまま厩舎に滞在して来月のデビューを目指すことに。☆ソーディヴァイン | トップページ | 17日に栗東・佐々木晶厩舎へ入厩しました。☆イリデッセンス »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードハリケーン」カテゴリの記事

(引退)ロードガルーダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3度目の正直でゲート試験合格。このまま厩舎に滞在して来月のデビューを目指すことに。☆ソーディヴァイン | トップページ | 17日に栗東・佐々木晶厩舎へ入厩しました。☆イリデッセンス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ