2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« 出走が叶うかは微妙も、次走は盛岡の交流戦を検討。★リミットブレイク | トップページ | 吉田隼Jが跨り、1週前追い切りを消化。ビシッとやれたのは好感。☆インストレーション »

2015年5月 3日 (日)

距離克服は大きな壁になるでしょうが、ピークを思わせるデキ。この好枠をレースで生かし切ることができれば…。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・松田博)父ディープインパクト 母スペリオルパール

日曜京都11R 天皇賞・春(G1・芝3200m) 2枠4番 川田J

助手「阪神大賞典の疲れも思っていたよりダメージも軽くて、とても順調に調整することが出来ました。今週の追い切りでは、単走だったので終い重点でサッとやった程度ですが、楽に行って12秒を切る時計が出るのですから、それだけ状態が良い証拠だと思います。前走は折り合っていた割には終いは伸び切れませんでしたが、今回は阪神から京都に替わるので、下りの坂を上手く使えば十分変わり身はあると思っています。阪神大賞典でも3着にきているのですから、十分逆転はあると信じています」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3回京都4日目(5月3日)
11R 天皇賞(春)
サラ 芝3200メートル 4歳上OP 指定 国際 定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ゴールドシップ 牡6 58 横山典弘
1 2 カレンミロティック せ7 58 蛯名正義
2 3 ネオブラックダイヤ 牡7 58 秋山真一郎
2 4 ラストインパクト 牡5 58 川田将雅
3 5 タマモベストプレイ 牡5 58 津村明秀
3 6 ホッコーブレーヴ 牡7 58 幸英明
4 7 トーセンアルニカ 牝5 56 池添謙一
4 8 スズカデヴィアス 牡4 58 藤岡佑介
5 9 クリールカイザー 牡6 58 田辺裕信
5 10 ラブリーデイ 牡5 58 C.ルメール
6 11 フーラブライド 牝6 56 酒井学
6 12 デニムアンドルビー 牝5 56 浜中俊
7 13 キズナ 牡5 58 武豊
7 14 フェイムゲーム 牡5 58 北村宏司
8 15 サウンズオブアース 牡4 58 内田博幸
8 16 ウインバリアシオン 牡7 58 福永祐一
8 17 アドマイヤデウス 牡4 58 岩田康誠

○松田博師 「内目の偶数番。ここならいい枠だろう。金曜朝はCWでキャンター2周。落ち着いて走っていた。変わらず順調にこれたから、あとはこの距離をこなせれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【天皇賞・春】(4)ラストインパクト 辛抱出来れば一発も…。

ラストインパクトは開門直後に坂路(4F67秒2)を駆け上がり、最終調整を終えた。はち切れそうな張りのある好馬体が光る。松田博師は「1回使って体も、だいぶ締まってきている」。枠は内めの4番。「イチかバチか内でジッと辛抱しておけばいいんだ」とイメージしていた。(スポニチより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆体締まってきた〔4〕ラストインパクト

力みのない走りで坂路を上がって4ハロン67秒2-14秒7。松田博調教師は「順調にきて体も締まっている。4コーナーまでじっと辛抱していたらいい。それで来ないなら仕方がない。ジョッキーは思いきって乗ればいい」と力を込めた。(サンスポより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離が更に200m延びる今回は厳しい1戦になることを覚悟していますが、競馬番組などで支持してくれる声を聞くと多少は色気は出てきています。確かに前走の4角での手応えは素晴らしかったですから。

2枠4番と枠はホント良いところが当たったと思います。実際に重賞を2度勝っている同じ枠ですからねえ。道中は内ピッタリに回ってきて、直線で開いたスペースを一足先に…。直線平坦+高速馬場でどこまで辛抱できるかが問われるのかなと想像しています。京都の方が合うのは間違いないところでしょう。

前走の阪神大賞典はしっかり馬を作っての参戦。中身はしっかり出来ていましたが、490キロの馬体重。気持ち余裕があったのかもしれませんが、発表済みの調教後の馬体重は486キロ。今回は意識的に絞っているのでしょうね。極限に仕上げた中でピリピリせずに落ち着きを保てているようなら…。

川田J&松田博師のコンビは土曜の青葉賞で重賞制覇。その勢いを日曜の競馬まで繋いでくれていることを願っています。最後の直線は興奮させて欲しいです。

« 出走が叶うかは微妙も、次走は盛岡の交流戦を検討。★リミットブレイク | トップページ | 吉田隼Jが跨り、1週前追い切りを消化。ビシッとやれたのは好感。☆インストレーション »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ラストインパクト」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんにちは☆
今日は楽しみな春の天皇賞ですね。
ラストインパクトも調教も良いですし、期待出来そうに思ってます。
人気馬2頭はゴールドシップは今の京都の馬場が疑問。
キズナは自分にはまだ絶好調に思いませんし、この距離も未知数。
人気程の信頼度は・・・とは思いますね。

デニムアンドルビーとラスパク君とかキズナ以外のディープ産からの人気馬&内枠の2・3へのワイドでもちょこっと買おうかなと思ってます。
元返しの天才ですけど(笑)

ぼんちゃんさん、こんにちは
ラストインパクトは良いところへ入りましたし、状態はかなり良いのかなと思います。まあ、負けるとしたら、距離が長いに尽きるのかなと見ています。欲を持たずに直線で勝負を掛けて欲しいです。

確かに人気を集める2頭は信頼度は薄いですが、勝てば華にもなります。競馬会のことを思えば、どちらかが勝つのがベターかなと。名手と呼ばれる2人がどういう騎乗をしてくるかイチ競馬ファンとして楽しみです。

デニムアンドルビーは坂の下りが上手じゃないみたいですが、京都のパンパンの良馬場は悪くないでしょうね。牝馬同士なら人気先行しますが、牡馬と混じると良い穴馬かなと思います。

個人的にはサウンズオブアース、アドマイヤデウス、ホッコーブレーヴ、フェイムゲームの4頭が有力候補なのかなと見ています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出走が叶うかは微妙も、次走は盛岡の交流戦を検討。★リミットブレイク | トップページ | 吉田隼Jが跨り、1週前追い切りを消化。ビシッとやれたのは好感。☆インストレーション »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ