2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.472 | トップページ | シルクなお馬さん(5歳以上・牧場組) »

2015年5月10日 (日)

直線は目立つ脚で追い上げてくるも、最後の最後で勢いが鈍り…。今回も1000万下卒業とならず。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都12R 1000万下(ダ1900m) 3着(1番人気) 松山J

出たなりで中団に付け、道中は7番手あたりを追走、向正面で他馬が動いてポジションを下げ、3コーナー付近から内を回って進出すると、直線では内目の馬群を捌いて脚を伸ばしましたが、上位には一歩及ばず3着に敗れています。

松山騎手「前回は早目に動いて終いがもう一つだったので、今回はそのあたりに気を付けて出来るだけロスのない競馬を心掛けました。流れが遅くなるのは分かっていましたが、ギリギリまで我慢して追い出しに掛かり、最後まで長く脚を使ってくれたものの、結果的に前残りの競馬になってしまいました。安定感はあるので展開次第でチャンスは回ってくると思います。結果を出せず申し訳ありませんでした」

石坂調教師「さほど良い脚を使えるタイプではないので、前回の様に外を回して強気の競馬では少し分が悪いから、出来るだけロスのない騎乗をするように指示していました。勝ちに行く競馬をすると終いが甘くなるし、今回の様にロスのない競馬をするとスムーズさを欠いたりと、なかなか思い通りにはいきませんね。この後は状態を確認して続戦させるか一息入れるか検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

1角への入りで内へ入れて、道中の距離損が小さかった。4角ではコーナーワークで差を詰めてきて、直線はブロンクスシルバーの内から一旦2番手へ上がっている。ラストでプリンスダムに交わされたが、確実性あり。チャンスは近い。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回京都ダ1900mを勝った時の同体重での出走が叶った時は『これは大チャンス』と思ってレースでの好結果を期待したのですが、最後の最後で末脚の伸びが鈍ることに。ホントもうひと頑張りなのですが…。また、結果論ですが、前回と今回の騎乗が逆なら、それぞれに勝つチャンスがあったのかなと思いました。

まあ、それでも松山Jはヴィッセンの勝ちをアシストできるように騎乗を色々工夫してくれています。あとは勝利という結果を残すだけ。個人的な印象なのですが、これまでダ1800mよりも長い距離を積極的に使っていますが、末脚の鈍り加減を見るとダ1800mが1番合っているように感じます。

今後についてはレース後の状態次第となるでしょうが、大きなダメージがない限りは続戦が濃厚でしょう。中1週での出走も有り得るでしょうが、本線は中2週でダービーデイの京都・與杼特別(ダ1800m)かと思います。500万下への降級が迫る中、5着以内を継続している1000万下の卒業を成し遂げてもらいたいです。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.472 | トップページ | シルクなお馬さん(5歳以上・牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.472 | トップページ | シルクなお馬さん(5歳以上・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ