最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(6歳馬) | トップページ | 【近況】【画像更新】イリデッセンス »

2015年5月 6日 (水)

内差しに徹する競馬で現状の力を発揮する4着。春は休養に充てて秋の天皇賞を目標に進めて行くことに。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・松田博)父ディープインパクト 母スペリオルパール

日曜京都11R 天皇賞・春(G1・芝3200m) 4着(5番人気) 川田J

スタートでやや出遅れ、序盤は後方4番手を追走、スタンド前で掛かり気味に馬群に取り付きましたが、そこからは内々で脚を溜める形で進め、3・4コーナー中間から前を窺うと、直線では内から懸命に前との差を詰めましたが、上位には一歩及ばず4着でゴールしています。

川田騎手「スタートして4コーナーまでは折り合って走っていましたが、直線に入る手前で急にガツンとエンジンが掛かりました。ただ、掛かった訳ではなく、賢い馬なのでそこで力を発揮するんだと勘違いしたんでしょうね。なんとか宥めてあげると『なんだ違うんだ』とすぐに落ち着きを取り戻してくれて、そこから勝負処まで折り合いはつきました。追い出しにかかると上手く馬群を捌くことが出来て、脚をしっかり使ってくれましたが、前半に力を使った分、差を詰めることが出来ませんでした。去年は距離に課題が残るレースでしたが、今回はとても価値ある4着だったと思うし、今後大きなところを取れる手応えをかなり感じましたよ」

松田博調教師「一度使って状態も上向いていましたし、気合い乗りも良くなっていましたね。前半は出来るだけジッとして、直線でいい脚を使えればと思っていましたが、我慢して折り合っていたし、終いも良く頑張ってくれたと思います。この後の予定は栗東トレセンに戻って状態を確認して検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出遅れたが、行く気もなく後方から、道中も折り合い重視で無理せず追走。内ピッタリを通ってジックリ構え、直線も最内へ。追われてからもしっかり伸びて前に迫ったがここまで。まったくコースロスがなく、うまく捌けてもいるだけにこの結果には納得。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽め調整

松田博師「レース後も今のところ変わりありません。さすがに長距離を走った後ですし、2,3日は軽めに調整して経過をみたいと思っています。心身共に成長を感じるレースで距離にも対応してくれました。この後は宝塚記念へ向かうプランもありますが、長距離を2走した後だけに、多少なりとも疲労が蓄積されていると思います。何とか年内には大きな所を取らせてあげたいと考えているので、宝塚記念はパスして秋に備えようと思います。秋は天皇賞にチャレンジすることを考えていますが、その前にどこかでひと叩きしたいと思います。今週中にノーザンファームしがらきに放牧に出して状態を確認してもらい、変わりがない様であれば北海道に移動させ、夏は向こうで調整したいと考えています」

助手「負けはしましたが、内容も悪くなかったですし、力を出し切ってくれたと思います。見た目はそう感じませんが、実際跨ると右側の背腰に少し疲れが感じますね。使った後はいつもこんな感じなので、しっかりケアしてあげれば元の状態に戻ってくれると思います。宝塚記念は使わないとのことですが、そこまで暑さに強い方ではない馬なので、早めに放牧に出してあげるのは今後にとってプラスになると思います。秋はベストの距離に戻ることですし、どこかで大きな所を取ってほしいですね」(5/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後の直線で進路が狭くなりましたが、3200mの距離ではあそこからひと伸びするスタミナはありませんでした。ロスを避け、直線内にこだわった競馬をしてくれましたが、4着まで良く来てくれたなあと個人的には思っています。先着を許した馬は明らかにスタミナ豊富なタイプ。適距離で良馬場なら逆転できないことはないでしょうから。

パドックでの様子は外々を周回し、適度な気合乗り。馬自身にやる気を感じるものでした。ただ、欲を言うなら、木曜日段階で絞れていた馬体が当日プラス2キロだったのが…。まあ、馬が本当に充実していた証拠なんでしょうがねえ。

久々に乗ってくれた川田Jはほぼ完璧な騎乗で、しっかりリードしてくれました。今後への手応えを掴んでくれたようですし、このコンビで大きなところを獲れれば最高です。

また、今日の更新で今後の予定が判明。宝塚記念をパスして秋に備えることに。そしてひと叩きして天皇賞・秋でG1獲りを目指すことに。青鹿毛の馬で冬場が良いタイプ。逆に夏場は熱を吸収しやすい毛色ですから、この判断は賢明かなと思います。

今後はNFしがらきへ移して馬体のチェック。特に問題がないようなら、涼しい北海道で静養に入ります。連続して長距離を走り切った疲れを溜め込んでいる可能性は高いので、しっかりとリフレッシュを図ってもらいたいです。そして更に成長を遂げることが出来れば…。

北海道での調整が順調に行くなら、天皇賞・秋へのひと叩きは札幌記念になってくると思います。

« シルクなお馬さん(6歳馬) | トップページ | 【近況】【画像更新】イリデッセンス »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ラストインパクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(6歳馬) | トップページ | 【近況】【画像更新】イリデッセンス »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ