2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 17日に栗東・平田厩舎へ戻っています。☆ヴォルケンクラッツ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳・ケイアイF組) »

2015年4月19日 (日)

好発を決めるもハナを奪うことは出来ず…。特に見せ場なく終わってしまう。★リミットブレイク

Photo_3 リミットブレイク(牡・尾関)父サクラバクシンオー 母マザーウェル

日曜福島3R 3歳未勝利(ダ1700m) 7着(6番人気) 勝浦J

スタートを決めて先行し、道中は内目4・5番手あたりを追走、3コーナー付近から追い出し、直線では内目から前を窺ったものの、ジワジワとした伸びで差を詰められず、中団の一角でゴールしています。

勝浦騎手「トレセンで乗せていただいた時は、抑えるところは抑えられ、伸びるところは伸びていて、メリハリの効いた走りをしていたのですが、レースになるとグッとくるところがなかったです。道中まったくハミを噛むようなところもなくて、バテているわけではないのですが、ダラダラとした感じで最後まで走ってしまいました。スタートが良かったので逃げるという手もあったとは思いますが、それで終いがバタバタになってもいけませんし、無理せず控える形で進めました。距離云々というより、精神的な部分の問題だと思います。調教で乗っていても良いものは持っているのと感じるのですが、レースでそれを発揮しきれていない感じがしますね」

尾関調教師「体は絞れていて気配は良かったですし、金曜日に勝浦騎手に乗ってもらいゲート練習を行っていたので、ゲートも問題なかったですね。返し馬も落ち着いて行えていて、良かったと思います。2番の馬が逃げると思っていたので、その動きを見て逃げるか控えるか判断するように乗り役に伝えていたのですが、思ったより外から来られてしまいました。それでも3コーナーでは勝ち馬の後ろに付けられて、一緒に上がって行ければという形だったのですが、そこから手が動き出して、伸びずバテずでゴールしてしまいました。スタートは上手く出てくれたので、行くだけ行くという手もあったとは思いますが、初めての距離で終いがどうなるか分からなかったですからね。1コーナーで少しハミを噛むところはあったものの、ペースが落ち着くとハミが抜けたままで、グッとくるようなところもなかったですね。今後は芝のレースや、良い番組があれば地方交流戦も含めて、何とかまずは一つ勝たせられるようにやっていきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

チークピーシズを外してシャドーロールだけ。好位馬群を追走。しかし、いざ直線を向くと伸びあぐねてしまった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

好発を決めた時は自分の形に持ち込めるかなと思ったのですが、外からエルブダムールがハナを主張。前に入られることになってしまって1角では内の4番手を追走することに。この時点で苦戦を覚悟しましたが、それを思えばパタッと止まらずの7着は頑張った方なのかもしれません。ただ、ピリッとした脚はなかったですし、レースでの見どころとなると…。終わってみれば土曜の同条件より時計はかなり速いですし、メンバーも揃っていたように思います。

勝浦Jから指摘されているように精神面の問題がレースでの走りを萎縮している様子。道悪で厳しい競馬になったデビュー戦が尾を引いているのかな? 育成時の調教動画ではそういう素振りは窺えなかっただけに難しい限りです。

今回でキャリア7戦。『出走⇔放牧』を繰り返してきただけで馬を教育することをしてこなかったツケは大きいです。未勝利の期限がジワリジワリと迫りくる中で劇的な変化を遂げる時間はないでしょうし…。残り少ない出走機会を淡々と見守るしかなさそうです。

« 17日に栗東・平田厩舎へ戻っています。☆ヴォルケンクラッツ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳・ケイアイF組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)リミットブレイク」カテゴリの記事

コメント

こちらもお邪魔します。
馬体や調教見ていたら短距離馬に見えるんですけどね。
甘やかさず馬具とか工夫して使って結果が出なくても短距離で諦めずに行くほうがいいのかもって思いました。
距離は持つけど気性難だけなら、気性に問題があって東京のダート1600m で揉まれない時だけ走る馬が過去いましたけど(笑)

この馬なら浅見厩舎ぐらいの方が勝ち上がりだけなら出来るのかなあとも思いました(^_^;)
なんにせよ残された時間で頑張って結果出して貰いたいです。

ぼんちゃんさん、こちらにもありがとうございます。
リミットブレイクは稽古通りなら1つは悪くても勝てると思うのですが、レースで実力をフルに発揮できないというのがもどかしいです。

今日は距離を克服してくれましたが、どこに適性があるのかが逆に不透明に。揉まれ弱いのかもしれませんが、馬群で我慢させて終いを伸ばす形が良いようにも思います。

ただ、これまであまり工夫をしてこなかっただけに今後の短い時間ではどうしようもないのかなと…。何とかキッカケが見えれば良いのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 17日に栗東・平田厩舎へ戻っています。☆ヴォルケンクラッツ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳・ケイアイF組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ