2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 追い込み一手ではなく、勝負どころから前との差を詰めていく競馬を期待。☆ロードフェリーチェ | トップページ | ひとまず順調な調整過程。鞍上は引き続き吉田隼Jに。☆インストレーション »

2015年4月25日 (土)

23日にゲート再審査を受けて合格しています。☆ヴォルケンクラッツ

Photo ヴォルケンクラッツ(牡・平田)父マンハッタンカフェ 母ウミラージ

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:京都5月10日 桃山S・ダ1900m(和田J)
・調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 23日にゲート再審査合格

平田師「今朝、ゲート再審査を受けて無事に合格いたしました。昨日の練習でも普通にこなしてくれていましたし、練習では全く問題なかったです。これから仕上げに入って行きますが、順調に仕上がるのであれば京都5月10日の桃山Sを目標に進めて行きたいと思います」(4/23近況)

助 手 19栗坂良 55.8- 40.5- 26.8- 13.7 馬なり余力
助 手 23栗坂良 61.3- 44.8- 29.6- 15.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走時に枠入り不良で課せられていた発走調教再審査を23日に受けていたヴォルケンクラッツでしたが、ここは素直にこなしてくれて合格することが出来ました。元々、煩い面のある馬ですが、NFしがらきでリフレッシュされた効果なんでしょう。あとはレースでも素直に走ってくれれば…。

その復帰戦ですが、5月10日の桃山Sに内定。幾分急仕上げかなと思いますが、稽古をやり過ぎてストレスを溜め込んでしまうよりは良いでしょう。個人的には坂路オンリーではなくコース追いを併用することで追い切りの質・強度をこれまでより高めてもらいたいです。

« 追い込み一手ではなく、勝負どころから前との差を詰めていく競馬を期待。☆ロードフェリーチェ | トップページ | ひとまず順調な調整過程。鞍上は引き続き吉田隼Jに。☆インストレーション »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ヴォルケンクラッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 追い込み一手ではなく、勝負どころから前との差を詰めていく競馬を期待。☆ロードフェリーチェ | トップページ | ひとまず順調な調整過程。鞍上は引き続き吉田隼Jに。☆インストレーション »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ