最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 25日に栗東・昆厩舎へ戻っています。☆ロードプレステージ | トップページ | 非凡な脚力は秘めているも、乗り難しい面はなかなか改善の兆しが窺えず。9着に終わる。★ロードフェリーチェ »

2015年3月30日 (月)

大幅な馬体減+4角手前での不利がありながら、最後までしっかり脚を繰り出して3着に。収穫のあるレースはできたと思います。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

土曜中京11R 名鉄杯(芝2200m) 3着(7番人気) 松田J

まずまずのスタートから中団に付け、道中は7番手あたりを追走、3コーナー過ぎから徐々に進出すると、4コーナー手前で進路が狭くなる場面もありましたが、直線では外目から良い脚を見せて追い上げ、3着でゴールしています。

松田騎手「勝負処で外から被せられて、一旦引く形になってしまったのが痛かったですね。挟まれても直線でまた盛り返してくれたように、馬の気持ちは切れていなかったですし、本当に勿体ない競馬となってしまいました。調教師からは『勝負処で気を抜く面がある』と聞いていたので、プレッシャーを少しかけながら走らせたのですが、ずっと集中して走ってくれましたし、芝のこのクラスでも十分勝負になりますね」

武市調教師「今回は厩舎に戻ってきてからの飼い葉食いが今ひとつでしたし、ソフトな仕上げでレースへ臨もうと思っていたのですが、トモの嵌りが良くなってこなかったので、水曜日にビシッと調教をやった分、体重が戻りきらないままレースになってしまいました。それでもしっかりと調教をした甲斐もあって、トモはしっかりとしましたし、結果的にはやって良かったと思います。レース後の回復状態にもよりますが、権利を取ったからと言って無理はさせずに、一旦放牧に出して少し余裕を持たせてあげるのもいいかなと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

18キロ減の数字ほど細く見えなかった。中位の外から。4角ではジワジワと間合いを詰めてくる。ここで勝ち馬にカットされる場面があったが、直線の坂から自身の脚は使って3着。芝をこなすメドは立った。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ライブでレースは見れていないのですが、パドックでの姿はややお腹が寂しい感じはしましたが、極端に細くなった印象はなし。珍しく2人引きで少しイライラしていた様子ですが、レースでの影響はさほどなかったと思います。

レースはゲートを出て少しヨレましたが、大きな不利はなし。中団で上手に折り合い、当面のライバル・アウォーディーを前に見ながらの追走。そして勝負どころからは外から蓋をするような形でアウォーディーを封じ込める作戦へ。それは上手に行ったと思ったら、グランドサッシュ自身が勝ち馬に外から被せられることになり、前をカットされる不利。4角手前でスピードを緩めることになったのは痛恨でしたね。

これだけ不利を受けたら、レースを止めてしまう馬が大半だと思いますが、グランドサッシュは諦めずに再奮闘。勝ち馬との差はなかなか詰まらず、アウォーディーには地力の差で捻じ伏せられましたが、最後まで脚を繰り出して3着は褒めてあげたいです。松田Jも全くのテン乗りでしたが、騎乗技術の高さで上手にリードしてくれました。

この3着で次走への優先権は確保できましたが、左回りの東京・新潟が始まるまで少し時間があるので、コメントで示唆されているように一旦放牧が有力だと思います。

個人的にはダートの方が適性があると見ていましたが、今回のようなレースが出来るなら、当面は芝のレースを優先して使ってもらいたいです。

« 25日に栗東・昆厩舎へ戻っています。☆ロードプレステージ | トップページ | 非凡な脚力は秘めているも、乗り難しい面はなかなか改善の兆しが窺えず。9着に終わる。★ロードフェリーチェ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)グランドサッシュ」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんにちは☆
グランドサッシュ、芝の長めの距離は一度使ってもらいたい条件でしたが、クラシックの頃はメンバーが揃って体への負担が大きいし、まだトモが緩かったり少し前捌きが硬かったりと体質がしっかりしていない状況だったので若い頃は慎重にダート中心に使ってくれたのは私は結構納得で気に入ってました。
こう言う厩舎一口では消極的や何やって嫌われ気味ですが、私にはまずまず合います(笑)

勝ち馬は他の馬でお世話になっている騎手で悪くは言いたくないですが(笑)大味で危ない危険騎乗スレスレでしたよね。
ちょっとレース中は何すんねん! と怒ってました。

とんでもなくスローの上がり勝負だけだったので芝のスピード競馬にはまだまだ対応出来るか不安ですが、これで芝でもある程度目処が立ってくれたので嬉しいです。
勝ち馬はともかく、2着馬はかなり強いですね^^;

そうそう、3歳の頃夏木立賞でグランドサッシュと共々惨敗した出資馬のレイズアスピリットは2000m 以上を使い出してから急に能力発揮し出して今は準OPで勝負になっており、その時の勝ち馬より若干出世してます(笑)
勝ち馬はマイラーなんでしょうけど、調教師が長めの距離に拘りすぎている感じも^^;
サッシュくんもレイズの後に続いてもらいたいです(^ ^)

ぼんちゃんさん、こんばんは
グランドサッシュは距離の壁があると思っていましたが、最近は長い方が渋太さを生かせる感じですね。ダートの2400mは長かったですが、芝ならもう少し頑張ってくれそうに思います。

最近はトモの踏み込みが良くなったりと、この馬なりに成長は見込めますね。母系からももう少し奥行きのある血統だと思うので、今後もジワジワと成長してもらいたいです。そろそろ右回りも使って行って良いのかもしれませんね。

レースの不利はSペースだったのでそんなに大きなロスにはならなかったのかなと思いますが、精神力の弱い馬なら今後に影響を及ぼすでしょうから、クリーンな騎乗をお願いしたいです。

まあ、丸山Jが乗って勝った馬は藤原英厩舎からデビューした素質馬ですが、前走の大敗で最下位人気だったんですね。2着馬はグランドサッシュに進路を塞がれましたが、最後は地力の差で2着に上がってきました。スムーズなレースが出来てたら、楽勝だったかもしれませんね。

今後も芝を使うでしょうから、何とかクラス再編成前にもう1勝上乗せしたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 25日に栗東・昆厩舎へ戻っています。☆ロードプレステージ | トップページ | 非凡な脚力は秘めているも、乗り難しい面はなかなか改善の兆しが窺えず。9着に終わる。★ロードフェリーチェ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ