最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 内の苦しいポジションに嵌ってしまったのが全て。前々で競馬が出来ていれば5着以内は叶った筈で…。★ジューヴルエール | トップページ | シルクなお馬さん(4歳関西馬・牧場組) »

2015年3月22日 (日)

心配していたように大幅な馬体減での出走に。距離短縮は間違いなく良かったも、結果は残せずで…。★カルディア

Photo_6 カルディア(牝・橋田)父ゼンノロブロイ 母レディアーティスト

3月22日(日)中京5R・3歳未勝利・芝1400mに義Jで出走。18頭立て12番人気で8枠16番からハイペースの道中を10、7、7番手と進み、直線では外を通って2秒0差の12着でした。馬場は良。タイム1分26秒0、上がり38秒0。馬体重は16キロ減少の422キロでした。

○橋田調教師 「相応のポジションでは運べたものの、脚捌きが硬いのでダートの方が合うのでは・・・と言うのがジョッキーの感想。1400mは大丈夫そうな印象だけに、このぐらいの距離で次は砂を使うのがベターかも知れません。デビュー戦は幾らか余裕残しだったのも確か。それでも、もう少し減少幅を抑えて送り出したかったですね。そのあたりも踏まえて今後のプランを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース前から危惧していたように発表された馬体重は前走からマイナス16キロの422キロ。パドックでの姿は数字ほど細くは感じませんでしたが、元気がないように見えました。

レースは8枠からマズマズのスタートを決めて中団からの競馬。3角すぎから外を押し上げていこうと義Jは試みてくれましたが、それほど前との差は詰められず。

直線では外からパスされたり、内へ押し込まれるような場面があって苦しみましたが、前走のようにパタッと止まった感じはありませんでした。この馬なりに頑張ってくれていたかと…。

距離短縮は間違いなくプラスでしたが、パドックでの前捌きの硬い歩様を見ると、非力なタイプでもダートの方が良さそうです。ダートならそうレース間隔(節)は必要としないでしょうが、これだけ細くなってしまったら、再度放牧に出て立て直しが濃厚でしょうね。

ロード馬にありがちな気難しさ・繊細さを持ち合せているので、これが解消されなくては結果は求められず。出走数が少なくなっても、ここで時間を掛けて立て直すことに専念すべきかなと思います。

« 内の苦しいポジションに嵌ってしまったのが全て。前々で競馬が出来ていれば5着以内は叶った筈で…。★ジューヴルエール | トップページ | シルクなお馬さん(4歳関西馬・牧場組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)カルディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内の苦しいポジションに嵌ってしまったのが全て。前々で競馬が出来ていれば5着以内は叶った筈で…。★ジューヴルエール | トップページ | シルクなお馬さん(4歳関西馬・牧場組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ