2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 今回は構えすぎず4角で前を射程圏に入れる競馬を期待。そろそろこのクラスで良い結果を。☆デルフィーノ | トップページ | 坂路で乗り込みを継続中。復帰に向けて馬体を絞っていかなくては…。★インストレーション »

2015年3月21日 (土)

距離への対応力に不安はあるも、完成期に入った今なら…。ゴールドシップに直線で並び掛ける姿を見たい。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・松田博)父ディープインパクト 母スペリオルパール

阪神11R 阪神大賞典(G2・芝3000m) 1枠1番 菱田J

助手「追い切りは思っていたより少し速くなってしまいましたが、追ってからの反応も良かったですし、しっかり脚を使ってくれましたね。さすがに休み明けとあって、良い頃と比べると背腰がパンとしていませんが、それ以外は不安な点も見られませんし、良い仕上がりで復帰出来そうです。菊花賞と去年の春の天皇賞は、前半少し折り合いを欠いた為に、終いの伸びを欠いてしまいましたが、それから成長も窺えますし、有馬記念の様にロスなく立ち回って、勝負どころで上手く外に出せる様なら十分チャンスはあると思います」(出走情報)

助 手 21栗坂稍  46.8- 29.5- 13.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回阪神8日目(3月22日)
11R 阪神大賞典(G2)
サラ 芝3000m 4歳上OP 指定 国際 別定 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ラストインパクト 牡5 57 菱田裕二
2 2 デニムアンドルビー 牝5 54 浜中俊
3 3 スノードン 牡6 56 秋山真一郎
4 4 スズカデヴィアス 牡4 55 藤岡佑介
5 5 サイモントルナーレ 牡9 56 和田竜二
6 6 カレンミロティック せ7 56 M.デムーロ
7 7 ラブリーデイ 牡5 57 A.シュタルケ
7 8 ゴールドシップ 牡6 58 岩田康誠
8 9 フーラブライド 牝6 54 酒井学
8 10 メイショウカドマツ 牡6 56 武豊

○松田博師 「多少は体が太く見えるが、先週、それに今週と追い日の動きはスムーズだった。天皇賞に向けて、いいレースを期待したい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 18日にCWコースで追い切り

松田博師「今朝、CWコースで終い重点で追い切りました。先週併せてしっかりやっているので、今回は単走でさっとやった程度ですが、終い12秒を切ってくるのですから、いつもながら単走の方が良い動きをしますね。当たり前に調教でも動く様になってきましたし、本格化に近づいてきましたね。菱田騎手も有馬記念で感触をわかってくれているだろうから、ロスなくスムーズな競馬をすれば距離は対応出来ると思っています」(3/18近況)

助 手 14CW稍 73.8- 57.4- 42.3- 12.1 馬なり余力
助 手 18CW良 97.5- 81.5- 66.0- 50.9- 37.4- 11.8 一杯追伸る

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【阪神大賞典】ラストインパクト、鋭伸12秒1

ラストインパクトはCWコースでラスト1ハロン12秒1。しまい重点ながら、最後の伸びは実にシャープだった。休み明けになるが調整は順調で、攻め馬もよく動いている。  

「先週、併せ馬でやっているから、今週は単走で。いい動きをしていた」と松田博調教師はジャッジ。前走の有馬記念は7着だが0秒2差と小差。確かな伸びで上位陣を懸命に追い詰めた。「もう少し直線がスムーズなら、際どかったと思います。ソツのない立ち回りができれば」と菱田騎手は手応えをつかむ。(サンスポより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ドバイ遠征を自重して春は国内に専念することになったラストインパクト。昨年は日経賞から天皇賞・春へと駒を進めましたが、今年は王道の阪神大賞典から春の大目標へ向かいます。

菊花賞4着、天皇賞・春9着と着順ほど大きく負けていませんが、3000m以上の距離で最後の直線は失速気味。自分から勝ちに行った分の甘さもあるのでしょうが、本質的に距離は長いと見て良いと思います。

ただ、昨秋から本格化を辿り、年が明けて更に充実してきた現状。競走馬として完成期に入ってきた今ならひと踏ん張りが利いても…。この距離・この頭数なら枠は不問でしょうが、折り合いに少し課題はあるので最内枠が当たったのは良かったと思います。

有馬記念後の放牧から帰厩したのが2月20日。約1ヶ月間、復帰戦が長丁場になることを踏まえて丹念な乗り込み。それによっていきなりから動ける体力・息は出来ています。あとは2度目の騎乗となる菱田Jがゴールドシップを目標に落ち着いた立ち回りをできるかどうか。

10頭立てと落ち着いた頭数ですが、メイショウカドマツ・カレンミロティック・スズカデヴィウスと先行タイプもいます。さすがにやり合うことはないでしょうが、淡々と流れて平均ペースあたりでレースは進みそう。そしてゴールドシップが仕掛けていった時から持久力比べになるのかなとイメージしています。その際にラストインパクトは余裕を持ってゴールドシップに食らい付けるかが勝負のポイントになるのは間違いありません。

まあ、冷静に捉えると、阪神は6戦5勝2着1回が示すように、ゴールドシップが大得意とするコース。そこでジェンティルドンナなど数々の強豪を捻じ伏せています。一方、G1で馬券圏内に入ったことがないラストインパクト。実績の差は歴然ですし、まともに走られてしまうと厳しいでしょうね。

願うのは、ゴールドシップの気持ちがレース以外のことに散漫してくれること。これは走ってみないと分かりませんが、隣の枠に牝馬のフーラブライトが入ったことに淡い期待を持っています。

本番を見据えると、対ゴールドシップを意識し過ぎず、距離への対応力を再確認することが大事なのかもしれませんが、個人的にはスターホース相手にがっぷり四つの競馬を挑んでもらいたいです。

« 今回は構えすぎず4角で前を射程圏に入れる競馬を期待。そろそろこのクラスで良い結果を。☆デルフィーノ | トップページ | 坂路で乗り込みを継続中。復帰に向けて馬体を絞っていかなくては…。★インストレーション »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ラストインパクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今回は構えすぎず4角で前を射程圏に入れる競馬を期待。そろそろこのクラスで良い結果を。☆デルフィーノ | トップページ | 坂路で乗り込みを継続中。復帰に向けて馬体を絞っていかなくては…。★インストレーション »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ