2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 4年連続でフェブラリーS出走。苦戦は免れないも、フォーチュンらしい直線での伸びを一瞬でも見てみたい。★シルクフォーチュン | トップページ | 19日に栗東・昆厩舎へ戻っています。☆ロードフェリーチェ »

2015年2月21日 (土)

本格化はまだ先もこの舞台は力が出せそう。クラス3走目なので勝ち負け争いに食い込みたい。☆ヴォルケンクラッツ

Photo ヴォルケンクラッツ(牡・平田)父マンハッタンカフェ 母ウミラージ

日曜東京12R 金蹄S(ダ2100m) 7枠13番 三浦J

助手「18日の追い切りは、併走馬が少しゆっくり入って行った為に全体の時計が少々遅くなってしまいました。少し軽めになった分、当日の馬体重が気になる所ではありますが、東京までの輸送もありますし、前回より太くならなければ問題ないと思います。前回は休み明けの分、追い出してからモタモタしていましたが、ひと叩きしてその辺りの反応は良くなると思うので、ここはしっかり決めてほしい所ですね」(出走情報)

助 手 20栗坂重 63.7- 46.1- 30.0- 14.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回東京8日目(2月22日)
12R 金蹄S
サラ ダ2100メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走16:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ケイジータイタン せ5 57 岩部純二
1 2 ナリタポセイドン 牡6 57 武士沢友治
2 3 ギャザーロージズ せ8 57 柴山雄一
2 4 キープインタッチ 牡5 57 北村宏司
3 5 サンライズスマート 牡6 57 松若風馬
3 6 ドラゴンピース 牡6 57 伊藤工真
4 7 ジャッカスバーク 牡4 56 F.ベリー
4 8 クロスボウ 牡5 57 吉田豊
5 9 セイカフォルテ 牡7 57 田中勝春
5 10 ロワジャルダン 牡4 56 C.デムーロ
6 11 ショウナンアポロン 牡5 57 戸崎圭太
6 12 オメガスカイツリー 牡7 57 岩田康誠
7 13 ヴォルケンクラッツ 牡4 56 三浦皇成
7 14 エルマンボ 牡5 57 石橋脩
8 15 タナトス 牡7 57 吉原寛人
8 16 レッドサクセサー 牡5 57 蛯名正義

○平田師 「大型馬でもあり、小回りの中山ではコーナーを回りづらいところがあった。体調は変わりないので、東京のこの距離で前進を期待」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 18日に坂路で追い切り

平田師「今朝、坂路で追い切りを行いました。使った後も疲れが出ることなく順調に調整が行えました。ひと叩きした上積みは見込めるはずなので、広い競馬場でロスなく立ち回ることが出来ればチャンスはあると思います。東京2月22日の金蹄S・ダ2100mを三浦騎手で投票します」(2/18近況)

助 手 18栗坂稍 54.1- 38.9- 25.2- 12.7 一杯に追う クインズパール(古500万)馬なりを0.7秒追走クビ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

準OPに上がって5着→6着のヴォルケンクラッツ。それなりに見せ場は作るものの、直線での再加速に欠けるのが現状です。そして前走は大幅プラス20キロでの出走。成長分を見込んでも、幾らか重かったのは事実でしょう。

今回はそこを叩いての2戦目。中間の調整は必ずしも熱心とは言えないのですが、最終追いはこの馬なりにビシッとやりました。そして金曜日にも微調整の15-15を消化。再度の長距離輸送で前走より絞れた馬体で出てきてくれると思うのですが…。

東京・ダ2100mという条件は、粗削りなヴォルケンクラッツには最適な条件の1つ。小回りの中山は自分から仕掛けていってコーナーでトモを流してしまっていたとのことですが、今回はじっくり直線勝負に徹して欲しいです。そこで改めてどういう末脚を繰り出すことができるのかを知りたいです。

まだまだ馬体が未完成でビシビシ鍛え込めていないヴォルケンクラッツ。本当に良くなるのはもう少し先だと思いますが、本格化を迎えるまでに色々と経験を積んでもらえればと思います。ただ、今回はクラス3走目になるので、馬券圏内に突入する走りを期待したいのが本音です。

« 4年連続でフェブラリーS出走。苦戦は免れないも、フォーチュンらしい直線での伸びを一瞬でも見てみたい。★シルクフォーチュン | トップページ | 19日に栗東・昆厩舎へ戻っています。☆ロードフェリーチェ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ヴォルケンクラッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4年連続でフェブラリーS出走。苦戦は免れないも、フォーチュンらしい直線での伸びを一瞬でも見てみたい。★シルクフォーチュン | トップページ | 19日に栗東・昆厩舎へ戻っています。☆ロードフェリーチェ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ