2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 敗因はハッキリしないも、Hペースを気分良く追走しすぎたか…。脚を溜めることが出来ず11着大敗。★ベルフィオーレ | トップページ | 直線勝負に徹するも、目立つ脚を使えず9着。レース後に左前脚に違和感を感じて…。★デルフィーノ »

2015年2月15日 (日)

フェブリーSへ向けてひとまず1週前追い切りを消化。★シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:東京2月22日 フェブラリーステークス(G1)・ダ1600m
・調教内容:角馬場でハッキング、馬場でキャンター 12日にCWコースで追い切り

藤沢則師「今朝、CWコースで追い切りを行いました。今回は間隔が詰まっているので、角馬場でじっくり長めに体をほぐしてから馬場に入りましたが、歩様も大丈夫ですし、引き続き状態は維持しています。乗り役はまだ決まっていませんが、何人かに声は掛けているので、来週の想定が出てから最終決定したいと思います」(2/12近況)

助 手 12CW良  13.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体を解そうと電気針を使ったり、色々手を尽くしているようですが、9歳という年齢+冬場で柔らか味を求めるのは難しいでしょうね。走る気持ちは持っているのですが、馬体の衰えは隠せないのかなと思います。

来週のフェブラリーSは前走から中2週での競馬。1週前に時計は出せないかなと見ていましたが、CWで本当にラスト1ハロンをサラッと。悪くなっていることはありません。

結果が伴わなければ、次走のフェブラリーSがラスト走になってしまうかも。多くは望んでいませんが、道中折り合いを欠くことなく、この馬らしい追い込みスタイルを見せてもらいたいです。

« 敗因はハッキリしないも、Hペースを気分良く追走しすぎたか…。脚を溜めることが出来ず11着大敗。★ベルフィオーレ | トップページ | 直線勝負に徹するも、目立つ脚を使えず9着。レース後に左前脚に違和感を感じて…。★デルフィーノ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 敗因はハッキリしないも、Hペースを気分良く追走しすぎたか…。脚を溜めることが出来ず11着大敗。★ベルフィオーレ | トップページ | 直線勝負に徹するも、目立つ脚を使えず9着。レース後に左前脚に違和感を感じて…。★デルフィーノ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ