2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【動画更新】シルキーラグーンの13&アコースティクスの13 | トップページ | 中1週の出走でも前走時のデキはキープ。課題の小回りコースを克服して連続して上位入線を。★ジューヴルエール »

2015年2月 7日 (土)

喉の不安は残るも、入厩後はトントン拍子にここまで。良いモノは持っているも初戦からとなると…。☆ファヴォリート

Photo ファヴォリート(牡・池江寿)父ネオユニヴァース 母マチカネタマカズラ

日曜京都6R メイクデビュー京都 3歳新馬(芝1600m) 4枠8番 シュタルケJ

池江師「2週続けて追い切りの気配も良かったですし、良い仕上がりでデビューすることが出来そうです。長く良い脚を使うタイプだと思うので、シュタルケ騎手には出来るだけ良いポジションを取って、力で押し切る競馬をしてもらいたいと思っています」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回京都4日目(2月8日)
6R 3歳新馬
サラ 芝1600メートル 指定 馬齢 発走12:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ブラックムーン 牡3 56 浜中俊
1 2 マンテンスター 牝3 54 国分優作
2 3 イッツアトウショウ 牝3 54 太宰啓介
2 4 ラウレアワヒネ 牝3 54 池添謙一
3 5 トウカイネオ 牝3 54 秋山真一郎
3 6 ウォーターセドナ 牡3 56 小牧太
4 7 ヴェネト 牡3 56 戸崎圭太
4 8 ファヴォリート 牡3 56 A.シュタルケ
5 9 アメ 牝3 54 藤田伸二
5 10 エクラドレーヴ 牝3 54 和田竜二
6 11 アサクサフルート 牝3 54 田中博康
6 12 リッチガール 牝3 54 酒井学
7 13 アキトホウオウ 牡3 56 川田将雅
7 14 リアンシチー 牝3 51 義英真
8 15 テルメディカラカラ 牝3 54 武豊
8 16 バレリーフォンテン 牝3 54 国分恭介

○池江寿師 「本質的にもう少し距離があった方が良さそうだが、ノドを手術しているので初戦は1600mへ。大型でも水準に動けている」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 29日にCWコースで追い切り

シュタルケ騎手「今朝、CWコースで併せて追い切りました。先週しっかりやっているので、今日は反応を確かめる程度でしたが、動きは上々でしたね。出走態勢が整ったと思いますし、初戦から良い競馬を期待しています。京都2月8日メイクデビュー京都・芝1600mをシュタルケ騎手で投票します」(2/4近況)

助 手 1栗坂不 58.7- 42.8- 27.2- 13.1 馬なり余力
シュタ 4CW重 81.9- 66.5- 51.7- 37.6- 12.2 直強目余力 オリハルコン(古500万)馬なりの外を0.5秒追走0.1秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

後にロードプレステージ、ディグニファイドとネオユニヴァース産駒を出資することになるのですが、ファヴォリートへの出資申し込み当時は相性(出資馬の成績)の悪さが目立っていたネオユニヴァース産駒への出資は躊躇っていました。

ただ、上に出資している+実績制導入による積立という思いもあって、思案の結果、1歩踏み出しての出資と相成りました。

馬体は見るからにパワフル。今回芝でデビューとなりましたが、攻め駆けする馬でもあるのでダートの方が適性高いのは間違いないでしょう。

育成時は大型馬+ジューヴルエールの下ということで、緩さやトモの弱さでスロー調整。そしてコツコツ乗り込んできた際に調教時の息遣いに気になるところが。詳しい診断の結果、中程度の喉頭片麻痺(喉鳴り)を抱えていることが判明。昨年7月に手術へ踏み切ることに。それが故に更に育成のペースが遅れてしまいました。

乗り出してからは馬体・脚元に不安は出なかったのですが、良い頃合いを見計らうように何度か熱発を発症。喉の手術をした馬は体温が安定しにくいようなので致し方ないところですが…。

年が明けて入厩してきたファヴォリート。厩舎でも熱を出すことがありましたが、すぐに平熱に落ち着いてくれ、これまで出資してきた池江厩舎の馬とすれば、デビューまで1番トントン拍子にきてくれています。ゲート出+追い切り時計から非凡なモノは秘めています。

デビュー戦から期待している気持ちの一方で、喉を手術している馬なのでその影響が実戦で出てしまう可能性は否定できず。また、本質的にパワー型なので、京都の軽い芝への対応力に対してはやや否定的。大型馬でもあるので叩いての良化に託すのが賢明なのかなと見ています。まずは不安点少なく、無事デビュー戦を終えてくれることを願っています。

« 【動画更新】シルキーラグーンの13&アコースティクスの13 | トップページ | 中1週の出走でも前走時のデキはキープ。課題の小回りコースを克服して連続して上位入線を。★ジューヴルエール »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ファヴォリート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【動画更新】シルキーラグーンの13&アコースティクスの13 | トップページ | 中1週の出走でも前走時のデキはキープ。課題の小回りコースを克服して連続して上位入線を。★ジューヴルエール »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ