2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« フェブラリーS出走へ向けて調整を進めることに。★シルクフォーチュン | トップページ | 再募集馬の可否が決まって »

2015年2月 9日 (月)

勝ちそうな場面はなかったも、連続4着は評価したい。芝の長丁場で渋太さを発揮。☆ジューヴルエール

Photo_3 ジューヴルエール(牡・池江寿)父ディープインパクト 母マチカネタマカズラ

日曜小倉7R 500万下(芝2600m)4着(3番人気) 吉田隼J

押して好位に付け、道中は先行勢の直後5番手あたりを追走、残り800m過ぎから差を詰めに掛かり、直線では大外から前を窺うと、残り200m過ぎから勢いが付いて追い上げましたが、上位には僅かに届かず4着でゴールしています。

吉田隼騎手「外枠でしたしシュッとした脚がある馬ではないので、包まれないように気を付けて乗りました。4コーナーで勝ち馬を塞ごうとしたのですが、こちらも追い通しでコーナーを曲がって来ていましたし、向こうの方が手応えもあったので難しかったですね。一旦は置かれたのですが、それでもバテずに最後はまた差のない競馬をしてくれたように、長い距離の方が合っていると思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好位直後。勝負どころで仕掛けての反応はひと息だったが、直線は手応え以上に渋太く脚を使っていた。長丁場でレースぶりが安定してきた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

連続して掲示板確保できたのは喜ばしい結果ですが、“勝てる”っと力が入る場面がなかったのはちょっと寂しいかなと。その内、順番が回ってくるかもしれませんが、道中のどこかで先頭に立つシーンを見たいものです。

やはり課題は勝負どころでもズブさ。勝ち馬を外から被せようと動いていきましたが、相手に余裕で対処されて、先に抜け出される形。最後の最後で先を行く馬たちの脚色が鈍り、差を詰める形になりましたが、交わすほどの迫力・勢いはなくて…。

チークピーシズを1度試して欲しいんですが、このズブさは馬具で修正させようとしても、無駄なのかなあ。半弟ファヴォリートも兄ほどではないも勝負どころでのズブさを見せていました。血統的なものと言えるのかな?

今回中1週での出走でしたが、パドックでは適度な気合で状態は良かったです。案外、寒い時期が良いのかもしれません。今後についてはレース後の状態を見てからでしょうが、問題なければ中2週で再度小倉に遠征。呼子特別(芝2600m)へ向かうことになると思います。引き続き、吉田隼Jに乗ってもらいたいです。

« フェブラリーS出走へ向けて調整を進めることに。★シルクフォーチュン | トップページ | 再募集馬の可否が決まって »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ジューヴルエール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フェブラリーS出走へ向けて調整を進めることに。★シルクフォーチュン | トップページ | 再募集馬の可否が決まって »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ