2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 気性面の脆さを露呈して、直線で大失速する最悪の負け方。★リミットブレイク | トップページ | 中1週の競馬が応えたか前走とは雰囲気一変。全く良いところなくよもやの最下位大敗。★ファヴォリート »

2015年2月22日 (日)

大幅馬体増+速い流れにならずで万事休す。今回は調教代わりのようなレースになってしまう。★シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・音無)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

土曜京都11R 斑鳩S(芝1400m)7着(7番人気) 北村友J

出負け気味のスタートとなり、控えて道中は最後方を追走、3コナー過ぎから外を回って進出し、直線では馬群の中から脚を伸ばしましたが、上位争いには加われず先団の一角でゴールしています。

北村友騎手「もう少し楽について行けると思いましたが、少しもたつく所がありましたね。もう少し出して行っても良かったのですが、プラス体重でしたし、終いが甘くなるといけないと思ったので、無理せずロスのない様に競馬をしました。追い出して脚は使ってくれましたが、前走ほどグッとくるところがなかったので、久々が影響したかもしれません。次はもっと行き脚が付くようになると思います。上手く乗れなくてすいませんでした」

音無調教師「休養明けなので、プラス体重にはなるだろうと思っていましたが、想像していた以上に太目残りになってしまい申し訳ありません。攻めはしっかり行なってきたつもりですし、追い切り前に計測した数字より増えていたので、それだけ飼葉食いが良かったとしか言えませんね。前半に脚を使ってしまうと終いの脚が生かせないと思い、北村友騎手には流れに乗って追走するように指示を出しました。時期的に絞り切れないところもあるので、間隔を空けずに使う方が良いと思います。レース後の状態に変わりがなければ、阪神3月7日の武庫川ステークス・芝1600mに向かいたいと考えているので、次走の乗り役も含め、万全の状態で臨みたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

後方待機。終いはジワジワと伸びてきたものの、見せ場まではなかった。18キロ増で緩く映っただけに、叩いた次走に期待。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

もう少しレースは流れると思ったのですが、エイシンスパルタンが逃げを主張した時に内のウインスプラッシュがあっさり控えたので、平均ペースからやや遅い流れ。こうなってしまうと、展開待ちのドリーマーは辛いところ。また、勝負どころでモタモタしてしまい、直線を向くまでに前との差を詰めることができませんでした。最後脚は見せましたが、直線平坦の京都では7着までが精一杯といった競馬でしたね。

何度も見た敗戦パターンでもどかしいのは事実ですが、牧場時とさほど変わらない馬体重(492キロ・前走からプラス18キロ)での出走を知った時点で半分諦めの境地に。馬自身の活気はありましたが、気持ちに馬体が付いて来ていない感じがしました。

完璧にレースを運んだとしても、ダンスディレクターを負かすのは難しかったと思いますが、目の前に大目標がいただけにその馬を見ながら仕掛けていくべきでした。まあ、結果論になってしまいますが。

今回は直線のみの競馬に終わってしまったので、レース後のダメージはそうないと思います。引き続き1400mにこだわるのはどうかな?と思いますが、直線急坂のあるコース+叩き2走目で確かな変わり身を見せて欲しいです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【追記】

冬場で絞れにくいのと食欲が旺盛なのが響いて、想像以上のプラス体重になったみたいです。次走は中1週のローテで阪神マイル戦へ。馬自体は元気一杯なので、次走は巻き返して欲しいです。鞍上は外国人Jになるのかな?

« 気性面の脆さを露呈して、直線で大失速する最悪の負け方。★リミットブレイク | トップページ | 中1週の競馬が応えたか前走とは雰囲気一変。全く良いところなくよもやの最下位大敗。★ファヴォリート »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクドリーマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気性面の脆さを露呈して、直線で大失速する最悪の負け方。★リミットブレイク | トップページ | 中1週の競馬が応えたか前走とは雰囲気一変。全く良いところなくよもやの最下位大敗。★ファヴォリート »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ