2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組) | トップページ | 大幅馬体増+速い流れにならずで万事休す。今回は調教代わりのようなレースになってしまう。★シルクドリーマー »

2015年2月22日 (日)

気性面の脆さを露呈して、直線で大失速する最悪の負け方。★リミットブレイク

Photo_3 リミットブレイク(牡・尾関)父サクラバクシンオー 母マザーウェル

土曜東京1R 3歳未勝利(ダ1400m) 10着(4番人気) ベリーJ

まずまずのスタートから序盤は4番手あたりを追走、3コーナー付近で掛かり気味に2番手に進出し、逃げ馬に並ぶようにして直線に入りましたが、残り400m付近で追い出してから伸びを欠き、中団に敗れています。

ベリー騎手「この距離は少し長いかもしれません。外から被されるとパニックになってしまい、使わなくても良いところで脚を使ってしまいました。何とか我慢させようとしたんですけどコントロールが効かなくなりました。1200mぐらいの方が落ち着いて走れると思います。チークも今日のペースでは逆効果でしたね。ペースが速くなる1200mだったら、チークの意味が出てくると思います」

尾関調教師「周りを気にするところがあるので、今回はチークを着けたのですが、裏目に出てしまったようです。今日は特にペースが遅くなってしまいましたからね。それに途中から勝ち馬と並走する形になり、それもかなりストレスになってしまったと思います。返し馬でもかなり行きたがっていましたが、先週の時点ですでに仕上がっていたところ1週延びることになったので、その影響もあったと思います。乗り役は『1200mの方が良い』と言っていますが、前走は1200mでももう一つの内容でしたし、もっと違うことをした方が良いかもしれません。節を空けないと使えないので、この後は放牧に出しますが、次走まで良く検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール・チークピーシズ。太目感はなかったが、相変わらず気性が幼い。返し馬同様、実戦でも3角から力んで、抑えきれずに前へ。直線で早々に追い比べから脱落。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週除外になって2本追い切りを消化できたのにプラス10キロでの出走。パドックの映像では、極端に重いということはなかったですが、馬体が厚ぼったい感じ。落ち着きというより覇気が足りないようにも見えました。まあ、その点は馬場に出て、ピリッとしましたが、逆に鞍上との折り合いを欠く様子。これを見て、レースでの逆噴射を覚悟せざるを得なくなりました。

課題のスタートはタイミングを合わせて上々の発進。途中まで抑え込むことに成功しているなあと見ていたのですが、やはり行きたがる素振り。外の馬に対して過敏な反応を示していたようですね。4角を向いた時は手応えがあるように見えましたが、ジリジリ脚を使っていたので、結局は脚が溜まらずじまい。いざ追い出すと、後ろに進んでいるかのように大失速してしまいました。負け方とすれば、最悪の形でしょうね。前走の大敗が何ら活かされていません。

今後は節を稼ぐ為に、またまたNF天栄へ放牧に出ることになるでしょうね。優先権を確保出来なかったので仕方ないとは思いますが、牧場スタッフと連携して弱点克服の対策を取らないとダメでしょうね。これまでは状態を立て直して、坂路でむやみに速いところを乗って戻すという感じでしたから。ただ、今回と前走の大敗ぶりを見ると、脆さは根深く、立て直す時期を逸してしまっていると思います。小手先の改善策として、ブリンカー装着でレースへ臨むしかなさそうです。

正直、1つ勝つのは困難そうですが、今後どのように厩舎&牧場が取り組んでいくのかをしっかり見ていきたいです。

« シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組) | トップページ | 大幅馬体増+速い流れにならずで万事休す。今回は調教代わりのようなレースになってしまう。★シルクドリーマー »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)リミットブレイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組) | トップページ | 大幅馬体増+速い流れにならずで万事休す。今回は調教代わりのようなレースになってしまう。★シルクドリーマー »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ