最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(音無厩舎) | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・牡馬★牧場組) »

2015年1月25日 (日)

6着という結果はやや物足りないも、更なる今後の成長・充実に期待したい。★ヴォルケンクラッツ

Photo ヴォルケンクラッツ(牡・平田)父マンハッタンカフェ 母ウミラージ

土曜中山11R アレキサンドライトS(ダ1800m) 6着(6番人気) 三浦J

アオリ気味のスタートとなり、道中は中団の外目8番手あたりを追走、3コーナー付近から外を捲って進出し、先行勢に並ぶようにして4コーナーを回りましたが、直線では勢いを欠いて6着でゴールしています。

三浦騎手「レース前に調教師から聞いていたよりも大人しかったですね。これまでのレースを見た限りでは、テンからはそれほど進んで行かない印象でしたが、今回は普通にゲートを出てスムーズに追走もしていました。初めての中山でコーナーリングの度にトモが流れてしまっていたので、もっと広いコースの方が良さそうですね。一回使ったことでこの馬本来のピリッとした面が出てくるでしょうし、体も締まって良化するでしょうね。初めて乗せてもらいましたが、かなり力がありそうなのは感じました」

平田調教師「思ったよりも追走は出来ていましたが、勝負処ではかなりステッキが飛んで反応が鈍かったですね。このあたりがいかにも休み明けといった感じのレースでした。広いコースの方がいいのはわかりましたので、次は東京4週目・金蹄Sのダ2100mもいいですね。そこで除外されるようでしたら、阪神に向かいたいと思います」(レース結果より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

悪くない競馬をしているのですが、準OPに上がっての2戦はやや物足りなさも。これが率直な感想でしょうか。

今回は一息入っての1戦。パワーアップを示唆されていたので馬体増は想像していましたが、プラス20キロの数字にビックリ。初めての長距離輸送で大きめにつくっていたのでしょうが、ヴォルケンクラッツが輸送に動じず、カイバ食いも旺盛だったんでしょう。極端に太くは見せませんでしたが、馬体の締りは一息だったのかもしれません。

レースに関することでは、まずゲート入りを嫌がる素振り。中へ入ると大人しかったですが、初めての場所で何か気になるところがあったのかな?

課題のスタートはほぼ五分。ただ、行き脚が遅いので、中団以降の競馬となりましたが、砂を嫌がる素振りはなく良い感じに追走できていました。そして3角あたりから外を捲り気味に進出。4角手前では一瞬力は入りましたが、そこから加速する伸びが足りず。ペースアップするところでもっと余裕を持って追走できるようにならないとダメですね。

最後の直線はパタッと止まることなく踏ん張っていましたが、ヴォルケンクラッツが作った進路を勝ち馬がズバッと。1頭違う脚を見せて突き抜けました。ああいう競馬をヴォルケンクラッツが出来るようになって欲しいです。

追い切りで好時計は出ていますが、ビシビシ鍛えられていない現状。もう少し馬体に実が入り、体質強化が求められます。今後、ちょっと足踏みが続くでしょうが、春以降にグンと変わってきてくれることを期待しましょう。

« シルクなお馬さん(音無厩舎) | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・牡馬★牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ヴォルケンクラッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(音無厩舎) | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・牡馬★牧場組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ