最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 思いもよらないダートでの大敗。色々敗因は考えられるも、Hペースを追い掛けすぎて自滅してしまった感じ。★リミットブレイク | トップページ | 相手に恵まれた面はあったも、前走の敗戦をしっかり生かすことができて久々の2勝目。☆グランドサッシュ »

2014年12月14日 (日)

この馬なりに一生懸命走ってくれるも、体力勝負の展開では現状ここまでが精一杯。★ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・昆)父ネオユニヴァース 母タッチアス

12月13日(土)中京6R・2歳未勝利・混合・芝2000mに松田Jで出走。16頭立て6番人気で4枠8番からハイペースの道中を9、8、8、7番手と進み、直線では外を通って1秒4差の7着でした。馬場は良。タイム2分03秒6、上がり40秒2。馬体重は増減無しの448キロでした。

○昆調教師 「真面目さに欠けるのを踏まえ、今回はチークピーシズを試しました。ゲートを出られたのに加え、道中の行きっぷりも良化。幾らか効果は見込めたかも知れません。ただ、前回とは全く異なるレース展開。また、レコード決着ですからね。でも、せめて5着には来て欲しかったところ。最後に伸び切れぬあたりは、やはり非力さが原因なのでしょう。この後は一息を入れる予定」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○松田騎手 「特殊な展開でしたからね。初戦が超スローでしたから、今日はこんな流れになって馬も戸惑っていました」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

リングハミ。チークピーシズ。中団。ずっと外を回る形で脚を使わされたが、バテることなくジリジリと伸びてきた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体がギリギリということで前走からの馬体減を覚悟していましたが、レースまでの微調整が上手く行ったのかデビュー戦から増減なし。多少イラつく素振りはありましたが、発汗が目立つようなことはなかったです。また、今回はチークピーシズを装着してレースに臨んでいました。

スタートは普通に出たのですが、その後に少し寄れてしまうことに。前走でも見られた他馬を怖がって怯んでしまったんでしょうか。結局は中団やや後方からの追走に。道中少し行きたがる素振りはありましたが、問題のない範囲だったと思います。

ただ、今回は2頭が大きく後続を離すレース展開。最後の直線は各馬の我慢比べ+体力勝負の競馬になってしまいました。そうなると、牝馬みたいに線が細くて非力なプレステージには苦しい形に。4角手前から鞍上の叱咤激励に応えてジワジワと脚は使ってくれましたが、ラスト100mで勢いが鈍ってしまい結果としてデビュー戦と同じ7着に終わってしまいました。

1度競馬を経験して気性面で難しいところが出てくるかなと見ていましたが、その課題はクリアできていたと思います。他馬を気にしながらも前を一生懸命追い掛けてくれましたが、その反面でパワー不足という課題が大きくのしかかってきました。

レース前からこの後は休養に充てるということでしたから、心身の成長をじっくり促すことなると思います。個人的には暖かくなってからの復帰で良いかなと考えています。走り自体は軽くて良いモノはあるので、この休養期間で10キロ以上の馬体増を成し遂げてもらいたいです。ここでのパワーアップの可否が同馬の将来を大きく左右することになるでしょう。

« 思いもよらないダートでの大敗。色々敗因は考えられるも、Hペースを追い掛けすぎて自滅してしまった感じ。★リミットブレイク | トップページ | 相手に恵まれた面はあったも、前走の敗戦をしっかり生かすことができて久々の2勝目。☆グランドサッシュ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードプレステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思いもよらないダートでの大敗。色々敗因は考えられるも、Hペースを追い掛けすぎて自滅してしまった感じ。★リミットブレイク | トップページ | 相手に恵まれた面はあったも、前走の敗戦をしっかり生かすことができて久々の2勝目。☆グランドサッシュ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ