出資馬一覧

« 能力を秘めるも若さが目立つ現状。目先の結果よりも先々を見据えた競馬を優先して欲しい。☆ロードフェリーチェ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・関西馬) »

2014年12月27日 (土)

ここに来ての上昇度は魅力も、人気を集める3頭との力量差はマダマダで…。悔いのないレースで力を出し尽くして欲しい。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・松田博)父ディープインパクト 母スペリオルパール

日曜中山10R 有馬記念(G1・芝2500m) 4枠7番 菱田J

助手「大きな上積みはないものの、追い切りの動きも良かったですし、力を出せる出来にあると思います。前走が完勝の内容でしたし、同じ様な競馬が出来るなら十分期待できると思うので、相手は揃いましたが悔いのない競馬をしてほしいですね。出来るだけ内目の偶数枠が取れれば良いと思っていましたが、極端な外枠でもないですし、対応してくれると思います」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4回中山8日目(12月28日)
10R 有馬記念(G1)
サラ 芝2500メートル 3歳上OP 指定 国際 定量 発走15:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 トーセンラー 牡6 57 武豊
1 2 ヴィルシーナ 牝5 55 内田博幸
2 3 ワンアンドオンリー 牡3 55 横山典弘
2 4 ジェンティルドンナ 牝5 55 戸崎圭太
3 5 ラキシス 牝4 55 C.デムーロ
3 6 トゥザワールド 牡3 55 W.ビュイック
4 7 ラストインパクト 牡4 57 菱田裕二
4 8 メイショウマンボ 牝4 55 武幸四郎
5 9 ウインバリアシオン 牡6 57 藤岡康太
5 10 フェノーメノ 牡5 57 田辺裕信
6 11 サトノノブレス 牡4 57 池添謙一
6 12 デニムアンドルビー 牝4 55 浜中俊
7 13 エピファネイア 牡4 57 川田将雅
7 14 ゴールドシップ 牡5 57 岩田康誠
8 15 ジャスタウェイ 牡5 57 福永祐一
8 16 オーシャンブルー 牡6 57 蛯名正義

○松田博師 「金曜朝はCWでキャンター2周。至って順調に来られた。内目のこの枠なら、レースはしやすそう。前走の勝ちっぷり、それに今の状態なら、楽しみを持てる」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:逍遥馬道から坂路でキャンター 24日にCWコースで追い切り

松田博師「今朝、CWコースで追い切りを行いました。先週併せてしっかりやっているので、今回は単走で行いましたが、本当にしっかり動けるようになりましたね。追い切り後の上がりも問題ないですし、明日は坂路で1本の調整を行おうと思っています。中山12月28日の有馬記念・芝2500mを菱田騎手で投票します」(12/24近況)

助 手 20CW良 87.2- 70.7- 54.6- 39.5- 12.6 馬なり余力
助 手 24CW良 83.7- 67.8- 52.3- 38.2- 12.1 G前気合付

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆余裕の落ち着き 【7】ラストインパクト

京都大賞典、金鯱賞と連勝中の4歳牡馬。到着して馬房に入っても、どっしりと構えている。「落ち着いているし、雰囲気は昔からあまり変わらない。今回はメンバーも強くなるが、どれだけ頑張ってくれるかですね」と野元助手はレースを楽しみに待つ。(サンスポより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【有馬記念】(7)ラストインパクト本格化ムードも…。

ラストインパクトは午後3時39分に中山競馬場へ。京都大賞典、金鯱賞でG2を連勝して本格化ムード。「以前から馬はずっといい。そういう意味では変わらない」と語り、今回に向けては「メンバーが強い」と胸を借りる腹づもり。(スポニチより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

G2を連勝して暮れの大一番・有馬記念に名を連ねることができたラストインパクト。このことは褒めてあげたいですが、ここで即通用するかとなると、正直なところ懐疑的。外枠に3頭がズラッと並びましたが、現状これらとの力量差はかなりあると思っています。

まともに立ち向かったら跳ね返されるだけですが、レースでの自在性は強力3頭より分があると思います。序盤は前々で脚を温存しながら、勝負どころで有力馬が捲っていった時もひと呼吸おいて追い掛ける競馬ができれば。勝負どころで内から突っ張ってしまうと、直線で脚は持たないように思います。

寒い時期が良いラストインパクトは前走からの上積みは少なくても、デキ落ちということはないでしょう。引き続き、研ぎ澄まされた状態で高いレベルにあると言えるでしょうね。

あとは菱田Jの手綱捌きに掛かっています。これまでずっと乗ってくれていた川田Jと比較するのは可哀想ですが、乗り替わりによるマイナス部分をいかに少なくできるか。

度胸は据わっていると思いますが、中山・芝での初めてのレースが有馬記念とはさすがに酷すぎるかと。有馬記念と同条件のグッドラックハンデでの騎乗を予定していたランフォージンが阪神へ回ったのは痛かったです。

まあ、この舞台に立てたのは、今年1年の大活躍によるご褒美だと思って、他馬に惑わされることなく、悔いのない走り納めをしてもらえればと思います。

« 能力を秘めるも若さが目立つ現状。目先の結果よりも先々を見据えた競馬を優先して欲しい。☆ロードフェリーチェ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・関西馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ラストインパクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能力を秘めるも若さが目立つ現状。目先の結果よりも先々を見据えた競馬を優先して欲しい。☆ロードフェリーチェ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・関西馬) »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ