最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.440 | トップページ | 【動画更新】シルキーラグーンの13&ゲルニカの13 »

2014年12月14日 (日)

ダッシュが付かず最後方からの競馬になってしまうも、最後の直線で内々を追い上げていって5着に。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜中京11R 浜松特別(ダ1800m) 5着(3番人気) 松山J

スタートはまずまずでしたが、行き脚は一息で道中は最後方を追走、3コーナー付近から追い上げに掛かり、直線では内目の馬群を捌いて脚を伸ばしましたが、上位には届かず5着でゴールしています。

松山騎手「ゲート内でバタバタしていましたが、スタートはちゃんと出てくれました。ただ、テンが付いて行けず、もっと前からスムーズに競馬をしたかったのですが、あの位置からの競馬になってしまいました。なかなか前も止まらなかったですが、最後は良く追い込んで来てくれましたね。力を付けていると思いますし、このクラスで通用する力は充分持っていると思います」

石坂調教師「中京コースはなかなか前が止まりませんし、一時はどうなるかと思いましたが、良く最後はあの位置から5着まで追い込んできてくれましたね。ゲート内では1回潜ろうとしましたが、大きく出遅れることなくスタートは出てくれました。でも今日の競馬を見ると、これ以上距離が短くなるとしんどそうですね。ここまで続けて使ってきていますし、まだまだこれから成長してくる馬だと思いますから、ここで一息入れようと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○松山騎手 「中京のダ1800mでは皆が位置を取りに行くので、後ろの位置になってしまいました。力をつけていますし、このクラスでも通用すると思いますが、テンにダッシュがつくようになればいいです」(ラジオNIKKEI・競馬実況ウェブより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

テンに進んでいかず、向正面では最後方。3コーナーから促してスピードを乗せたが、直線では内がゴチャつき、進路を探しながらだった。もう少し距離があった方が競馬はしやすそう。(G誌)

馬体回復。スタートしてダッシュがつかず後方から。3角手前では1頭だけ最後方で取り残されていたが、直線ではそのまま内目を突いてゴダールの外で僅かに開いたスペースから脚を使っている。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲートで行き脚が付かないケースは想定していましたが、向正面から3角で最後方の位置にいるとは全く予想外。追走に余裕がないようにも感じられたので今回は惨敗を覚悟しましたが、松山Jは直線で思い切って内を突く策を決行。ヴィッセンも他馬に怯むことなく進路を見い出しながら進出開始。スルスルと順位を上げていってくれたのですが、最後は最内を突くよりは勝ったバーディーイーグルに併せにいく形が良かったのかなあと思いました。まあ、これは結果論に過ぎないですが。

一瞬3着まで上がるようなシーンはあったと思いますが、最後は力尽きて5着確保まで。ダッシュ力のなさという課題が浮き彫りになったレースではありましたが、ハンデ戦ながら再度掲示板を確保できたのは着実な地力強化ということで褒めてあげたいです。

今後については現段階で分かりませんが、年内の出走はこれで最後でしょう。デビュー前に期待していた程の活躍はできていませんが、1戦ごとに力を付けてくれているので今後への楽しみはあります。もっともっと良い進化を遂げてもらいたいです。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.440 | トップページ | 【動画更新】シルキーラグーンの13&ゲルニカの13 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.440 | トップページ | 【動画更新】シルキーラグーンの13&ゲルニカの13 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ