最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« この馬なりに一生懸命走ってくれるも、体力勝負の展開では現状ここまでが精一杯。★ロードプレステージ | トップページ | 次走は28日の阪神・千両賞を予定しています。☆ロードフェリーチェ »

2014年12月14日 (日)

相手に恵まれた面はあったも、前走の敗戦をしっかり生かすことができて久々の2勝目。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

土曜中京9R 500万下(ダ1800m) 優勝(1番人気) 津村J

まずまずのスタートから中団に控え、道中は9番手あたりを追走、4コーナー手前から追い出し、直線で外目に出して脚を伸ばすと、残り100m過ぎできっちり前を捉え、1番人気に応えてデビュー戦以来となる勝利を挙げています。

津村騎手「ゲートがいつも課題の馬ですが、今日はうまく出てくれました。引っ掛かるような感じもなく、スタートから少し出して行けたぐらいです。勝負処で気を抜くような面を見せて、少し包まれそうになったけど、抜け出してこれるだけの手応えがありました。直線でも外へ出してからしっかり伸びてくれましたね」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○武市康男調教師、JRA通算100勝達成○

中京9Rで、8番グランドサッシュが1着となり、同馬を管理する武市康男調教師(美浦)は現役154人目となるJRA通算100勝を達成した。

~武市康男調教師のコメント~
「開業してからまずは100勝を目指していたので、達成出来て嬉しく思います。これも、馬主の方々やスタッフのおかげです。ただ、100勝は通過点だと思いますので、これからも頑張っていきたいです」

ラジオNIKKEI・競馬実況ウェブより

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

中団の馬込みでじっくり。前半のペースが速いうえ、他馬の動き出しも早く、この戦法がはまった。4コーナーでステッキを入れてエンジン点火。しぶとく伸びて差し切った。(G誌)

中団でいたずらに動かず脚を温存。4角では前に2着馬を見る位置。これがいい目標になったか、終始スムーズな競馬ができた。追ってからの伸びもしっかり。叩き2走目で完勝。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4角で鞭が入っていた時には今回もダメかなと覚悟したのですが、直線内に閉じ込められそうなところをこじ開けて外へ。そこからスパッと切れる感じではなかったですが、津村Jの叱咤激励に応えるように渋太く脚を繰り出してくれました。そして何とか前を行くナリタムーンライトを残り50mくらいで交わしてくれました。まあ、最後は消耗戦を制した形ですね。

走破時計+相手+ペースに恵まれたのは事実ですが、それでも勝ち切れたことが何よりです。

今回はマイナス6キロでの出走。絞れたというよりは中京への輸送で減ってしまった分でしょう。トモの踏み込みは前走同様に良かったですが、お腹回りはやや寂しくなっていたかなと感じました。

レースに関しては、レース前の個人的なイメージとはちょっと違いましたが、久々に乗った前走の経験が生きていたと思います。ゲートを決めるも無理に急がせずにマイペースの追走。内々を立ち回ってロスを避け、直線は迷わず外を選択。津村Jにとってはレース前に思い描いていた競馬になったんじゃないでしょうか。

夏の函館でのデビュー勝ち以来、1年以上経過しての2勝目。モタれ癖などあって手間取ってしまいましたが、降級できる機会を手に出来たのは何よりです。

今回馬体を減らしてしまったので、ここで一息入れて年明けの東京戦に照準を合わせていくことになると思います。血統的にまだまだ伸びシロは見込めますが、馬体面での成長が乏しいのが課題かなと。元々無駄肉が付かないタイプなんでしょうが、実が詰まって460キロ前後の馬体重で競馬へ臨めるようパワーアップを希望します。

*この勝利は管理する武市調教師の100勝、シルクの700勝というメモリアル勝利となりました。

« この馬なりに一生懸命走ってくれるも、体力勝負の展開では現状ここまでが精一杯。★ロードプレステージ | トップページ | 次走は28日の阪神・千両賞を予定しています。☆ロードフェリーチェ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)グランドサッシュ」カテゴリの記事

コメント

1年4ヵ月振りの勝ち星も津村騎手でした(^-^)♪
トモがしっかりしてきたのもあると思いますが、スタートをキレイに決めてくれますね!
このままダート路線で行くならもうちょっと馬体を成長させて、ムキムキボディになってもらいたいです(^^)/

もょもとさん、こんばんは
ご一緒のグランドサッシュですが、久々に勝利の美酒を浴びることが出来ましたね。スパッとは切れませんでしたが、中京の長い直線でしっかり脚を使えたのは良かったです。

まだまだ上を目指せると思うので、馬体面でのパワーアップが加われば、更に楽しみが増すものと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この馬なりに一生懸命走ってくれるも、体力勝負の展開では現状ここまでが精一杯。★ロードプレステージ | トップページ | 次走は28日の阪神・千両賞を予定しています。☆ロードフェリーチェ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ