2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 往年の爆発力を期待するのは酷も、1番力を発揮できる舞台でどこまでやれるか。鞍上の手腕にも期待。☆シルクフォーチュン | トップページ | この馬なりに一生懸命走ってくれるも、体力勝負の展開では現状ここまでが精一杯。★ロードプレステージ »

2014年12月14日 (日)

思いもよらないダートでの大敗。色々敗因は考えられるも、Hペースを追い掛けすぎて自滅してしまった感じ。★リミットブレイク

Photo_3 リミットブレイク(牡・尾関)父サクラバクシンオー 母マザーウェル

土曜中山1R 2歳未勝利(ダ1200m)10着(1番人気) 北村宏J

躓き気味でしたが出脚良く前に付け、先行勢を行かせて道中は3番手を追走、2番手に進出して4コーナーを回りましたが、直線に入ると早々に手応えが鈍って後続に交わされてしまい、中団に敗れています。

北村宏騎手「スタートは躓き気味に出ましたが、ダートコースに入ってからはスムーズでした。確かにテンから急がせて脚が溜まっているという感じではなかったですが、一杯一杯という訳ではありませんでしたし、コーナーも左に張って力が抜けてしまうこともなくスムーズに回っていました。でも直線で手前を替えてからバッタリ止まってしまいました。前の馬に並び掛けることも出来なかったですね。確かに最後の100mぐらいは諦めている感じもありましたが、それにしても負けすぎです。馬の雰囲気は良かったですし、コンディションは悪くなかったと思います。これといった敗因が見つかりません。色々な要因が重なっているのかもしれません」

尾関師「前走のような最後の粘りが全然ありませんでした。前半少し急がせた分でしょうか。ただそれにしても、ここまで負けるとは考えられないですね。相手関係もかなり楽だったと思います。手前もスムーズに替えていましたし、右回りが合わないとは思えません。前半、抱えるところがなかったところを見ると、この距離は少し忙しいのかもしれません。胴が伸びてきたように思いますし、体型的にもバリバリの短距離馬という感じがしないので、次は少し距離を延ばしてみたいと思います。一旦放牧に出して、立て直します」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○北村宏騎手 「コンディションは悪くなかったんですよ。ただ、最後の100メートルは諦めていた感じです。右回りに替わって手前の関係でしょうね。こんな馬ではないんですけどね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

先行争いに加わって直線を向いたが、追われてからさっぱり。気性的な問題か。(G誌)

シャドーロール。左チークピース。押して先行集団へ。力むことはなくスムーズに走れていたが、直線入り口ではもう手応えが残っていなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の3着でダートで軌道に乗っていってくれると思ったのですが、その期待を大きく後退させる10着惨敗。左側だけのチークピースにシャドーロール着用。馬装は前回と同様で臨んでいたと思いますが、見せ場すら作れませんでした。

“これといった敗因が見つかりません”(北村宏J談)という言うことですが、最後は自分から止めてしまったいたので、スタートからずっと外のブロンディジェニーにプレッシャーを掛けられ続けられたのが応えてしまったのでしょう。

スタートでやや後手を踏むんだのに、無理して前へ行きたい馬と雁行状態で追走したのが失敗。前走の内容なら距離短縮で押し切れると思っていたんでしょうが、そう甘くなかったですね。外の馬を先に行かせて少し離れた4番手なら、結果はちょっと違ったかもしれません。

ただ、リミットブレイクの致命的なところは、短距離志向の強い血統背景の一方で脚の回転が遅いということです。いざ追い出してからビュッと加速できません。手脚がやや長めの造りも関係しているのかなと思います。今のところ速い脚に欠けるのですが、メリハリの利いた走りを意識した乗り方を試したりと新たな可能性を探ってもらいたいです。

今回は初めての連続しての競馬(放牧を挟まず厩舎で調整)でしたが、パドックの雰囲気は1度使ってガス抜きが出来ている感じで良かったと思います。しかしながら、今回また500キロ台での出走だったので、もう少し絞り込んだ方が良いのではないでしょうか。

この後はNF天栄へ放牧に出して、レース間隔を空けることになります。1ヶ月半ぐらいの間隔で未勝利戦は使えるのかもしれませんが、無駄にレースを使うのはマイナスでしかないので、思い切って冬場は休ませるような荒療治が必要でしょう。

また、北村宏Jが一概に悪いとは言いませんが、気分を一新する意味で次走から騎手を替えた方が良いように思います。

« 往年の爆発力を期待するのは酷も、1番力を発揮できる舞台でどこまでやれるか。鞍上の手腕にも期待。☆シルクフォーチュン | トップページ | この馬なりに一生懸命走ってくれるも、体力勝負の展開では現状ここまでが精一杯。★ロードプレステージ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)リミットブレイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 往年の爆発力を期待するのは酷も、1番力を発揮できる舞台でどこまでやれるか。鞍上の手腕にも期待。☆シルクフォーチュン | トップページ | この馬なりに一生懸命走ってくれるも、体力勝負の展開では現状ここまでが精一杯。★ロードプレステージ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ