2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 冬場のパワーを要する馬場への対応は鍵も、スムーズな競馬が出来れば結果は付いてきてくれる筈。☆ベルフィオーレ | トップページ | 思いもよらないダートでの大敗。色々敗因は考えられるも、Hペースを追い掛けすぎて自滅してしまった感じ。★リミットブレイク »

2014年12月13日 (土)

往年の爆発力を期待するのは酷も、1番力を発揮できる舞台でどこまでやれるか。鞍上の手腕にも期待。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

日曜中山11R カペラS(G3・ダ1200m) 3枠5番 戸崎J

藤沢則師「ここまで使ってきている馬なので、体も出来ていますし、重め感はありませんね。前回は京都の下り坂を気にした為に、不完全燃焼の内容になってしまったので、度外視していいと思うし、ダート替わりで改めて巻き返してもらいたいですね。中山コースは展開が嵌り易いコースなので、競馬はし易くなると思うので、出来るだけ前が引っ張ってくれると良いですね。年齢的に上積みはあまり見込めませんが、硬さもありませんし、状態は良いので、あの末脚をもう一度見せてほしいですね」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4回中山4日目(12月14日)
11R カペラS(G3)
サラ ダ1200メートル 3歳上OP 指定 国際 別定 発走15:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ダノンレジェンド 牡4 56 丸田恭介
1 2 タールタン 牡6 56 後藤浩輝
2 3 ノーザンリバー 牡6 58 三浦皇成
2 4 エイシンゴージャス 牝3 53 吉田豊
3 5 シルクフォーチュン 牡8 56 戸崎圭太
3 6 マルカバッケン 牡7 56 田中勝春
4 7 ダッシャーワン 牡6 56 北村宏司
4 8 アドマイヤサガス 牡6 57 丸山元気
5 9 サトノプリンシパル 牡4 56 川須栄彦
5 10 タイセイファントム 牡6 56 内田博幸
6 11 インペリアルマーチ 牡7 56 森泰斗
6 12 サトノタイガー 牡6 56 御神本訓史
7 13 スリーボストン 牡7 56 石橋脩
7 14 ナンチンノン 牡3 55 川島信二
8 15 サウンドガガ 牝5 54 柴山雄一
8 16 メイショウノーベル 牡5 56 津村明秀

○片山助手 「前走は折り合いを欠いた。疲れなく順調に調整できているし、折り合えれば必ずラストはいい脚を使う馬。あと展開次第だね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:角馬場でハッキング、馬場でキャンター 10日にCWコースで追い切り

藤沢則師「今朝、CWコースで追い切りを行いました。ここまで順調に調整が行えましたし、いい状態で出走出来そうです。中山12月14日のカペラSを戸崎騎手で出走します」(12/10近況)

助 手 10CW良 82.4- 65.5- 51.5- 38.4- 13.1 追って一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【カペラS】一昨年覇者シルクフォーチュン 戸崎で復活Vだ

今週の東の重賞は短距離ダートの「第7回カペラS」。一昨年覇者のシルクフォーチュンが戸崎を鞍上に迎え、復活Vに燃えている。

藤沢則師は「いい騎手に乗ってもらえる。8歳だが衰えはない。得意とは言えない交流戦でも3着、4着に頑張って走っているからね。カペラSは昨年3着で一昨年は勝っている。正念場といえるレースで前走(スワンS13着)の雪辱をと思っています」と力強い。中山6Fダートは4戦2勝。先行激化なら出番は十分だ。(スポニチ・ウェブサイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

もうすぐ9歳を迎える現実から、往年の爆発力を求めるのはさすがに酷だと思いますが、若々しいところもあるので馬体面での衰えはありません。勝ち切れなくなっているも、ダートの適距離なら大負けしていないことを評価してあげたいです。

前走のスワンSはレース前から危惧したとおり京都の坂の下りで戸惑ったのが全て。まあ、戸惑う素振りがなくても、Sペースの流れだったので、結果はそんなに変わらなかったでしょうね。

その後はここを目標に入念な調整。普段角馬場でじっくり乗っているので追い切り本数は少ない馬ですが、今回は3ハロンだけの追い切りを含めて4本を消化。寒さが増してきたので、硬さは出てきているでしょうが、最終追い切りの動きはそれほどゴツゴツした感じはなく、この馬とすればスムーズに動けている方だと思います。

中山ダ1200は4戦2勝に3着1回4着1回という成績からも、1番力の発揮できる舞台。当初予定していたブドーJが帰国してしまうトラブルがありましたが、戸崎Jに空きがあるラッキーぶり。昨年のスプリンターズS以来のコンビですが、テン乗りでもしっかり乗ってくれていたので頼もしいパートナーです。

ただ、相手関係を見ると、対戦成績で分が悪いノーザンリバーを含めてこれからこの路線を担っていく精鋭が勢ぞろい。そちらに目が行くのは仕方ないでしょうね。とにかくフォーチュンは自分のスタイルを貫いて直線での強襲に賭けるのみ。各馬の脚質を見ると、逃げ・先行馬が揃っているので、流れは向いてくれる筈。あとは戸崎Jの手綱捌きに託すのみです。

« 冬場のパワーを要する馬場への対応は鍵も、スムーズな競馬が出来れば結果は付いてきてくれる筈。☆ベルフィオーレ | トップページ | 思いもよらないダートでの大敗。色々敗因は考えられるも、Hペースを追い掛けすぎて自滅してしまった感じ。★リミットブレイク »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬場のパワーを要する馬場への対応は鍵も、スムーズな競馬が出来れば結果は付いてきてくれる筈。☆ベルフィオーレ | トップページ | 思いもよらないダートでの大敗。色々敗因は考えられるも、Hペースを追い掛けすぎて自滅してしまった感じ。★リミットブレイク »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ