最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 手頃な頭数でのデビュー戦。まだまだ体を生かし切れていないも、芝の実戦でキレのある走りを見せて欲しい。☆カルナヴァレスコ | トップページ | 往年の爆発力を期待するのは酷も、1番力を発揮できる舞台でどこまでやれるか。鞍上の手腕にも期待。☆シルクフォーチュン »

2014年12月13日 (土)

冬場のパワーを要する馬場への対応は鍵も、スムーズな競馬が出来れば結果は付いてきてくれる筈。☆ベルフィオーレ

Photo_6 ベルフィオーレ(牝・藤原英)父ディープインパクト 母ワンフォーローズ

12月14日(日)阪神・3歳上1000万下・牝馬限定・ダ1800mに藤岡佑Jで出走します。12月9日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に67.6-48.5-30.8-14.6 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、12月10日(水)良の栗東・ダートBコースで6ハロン79.1-64.4-50.2-37.1-11.7 8分所を追って一杯になっています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒9追走して0秒2先着。追い切りの短評は「久々も好仕上がり」でした。発走は13時55分です。

○荻野調教助手 「12月10日(水)はジョッキーの手綱で。ある程度しっかり時計を出して・・・と考えていただけに、予定通りの内容ですね。これでOK。出馬投票へ向かおうと思います。ただ、今回は休み明けで昇級戦。そのあたりが如何に影響を及ぼすか・・・」

≪調教時計≫
14.12.09 助手 栗東坂良1回 67.6 48.5 30.8 14.6 馬なり余力
14.12.10 藤岡佑 栗東B良 79.1 64.4 50.2 37.1 11.7(8)追って一杯 ダノンミル(古馬1600万)一杯の内0秒9追走0秒2先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5回阪神4日目(12月14日)
8R 3歳上1000万
サラ ダ1800メートル 指定 牝馬 定量 発走13:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 フォローハート 牝3 54 幸英明
1 2 マトリョーシカ 牝3 54 高倉稜
2 3 サンレーン 牝4 55 酒井学
2 4 ハナズインパルス 牝4 55 蛯名正義
3 5 ベルフィオーレ 牝3 54 藤岡佑介
3 6 セレッソレアル 牝3 54 国分優作
4 7 アドマイヤキュート 牝5 55 W.ビュイック
4 8 ウルティマミューズ 牝3 54 浜中俊
5 9 ブルーボサノヴァ 牝3 54 国分恭介
5 10 ロトラトゥール 牝3 54 横山典弘
6 11 ポレイア 牝5 55 武豊
6 12 ブライトエルフ 牝5 55 和田竜二
7 13 ニーレンベルギア 牝5 55 松山弘平
7 14 シンワウォッカ 牝5 55 藤田伸二
8 15 デコレイト 牝5 55 川田将雅
8 16 メイショウアズミノ 牝3 54 秋山真一郎

○田代助手 「前走は圧勝。軽く仕掛けるとグンと反応した。ダートが合っている。昇級でも」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

500万下への昇級戦となった前走はスタートで後手を踏むも、3角あたりから外を仕掛けていくと一捲りといった感じで4角で早くも先頭に躍り出るような勢い。その走りは父ディープインパクトの有馬記念でのコーナーでの加速を思い出させるモノでした。そして直線は悠々と2着馬を突き放しての完勝劇。この内容ならまだまだ連勝は続けられると思う程でした。

芝ではピリッとした走りが出来なかった馬なのに、ダートでこれだけ走りが変わったのは謎ですが、砂を飛ぶように走るのは異質な存在です。

連勝後は成長を促す為に放牧へ。ケイアイファームでは馬体のボリュームアップを優先しながらの乗り進み。一旦、滋賀・吉澤ステーブルWESTへ移して輸送のダメージを回復させた後、11月11日に栗東・藤原英厩舎へ戻っています。

その後の調整はここを目標にひとまず順調な過程。先週・今週のコースでの追い切りでだいぶ目覚めてくれましたし、久々でもそれなりに動ける態勢は整ったと思います。

あとは1000万下に昇級しての力関係。同じく昇級となるウルティマミューズは手強い存在になってくるでしょうが、牝馬同士の1戦なので難なく突破してくれることを願っています。

ただ、ちょっと不安に思うことが2点ほど。まずは冬のパサパサ馬場。馬格のない馬なので、パワーを要する馬場に苦労するかもしれません。そして変に正攻法の競馬をして馬群で揉まれてしまうこと。このような形で敗れるのなら、大外をぶん回して最後甘くなってしまう負け方の方がマシです。

来年は牝馬の交流重賞で旋風を巻き起こして欲しいと願う逸材なので、スムーズな競馬でしっかり力を出し切った競馬をまずは見せてもらいたいです。

« 手頃な頭数でのデビュー戦。まだまだ体を生かし切れていないも、芝の実戦でキレのある走りを見せて欲しい。☆カルナヴァレスコ | トップページ | 往年の爆発力を期待するのは酷も、1番力を発揮できる舞台でどこまでやれるか。鞍上の手腕にも期待。☆シルクフォーチュン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ベルフィオーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手頃な頭数でのデビュー戦。まだまだ体を生かし切れていないも、芝の実戦でキレのある走りを見せて欲しい。☆カルナヴァレスコ | トップページ | 往年の爆発力を期待するのは酷も、1番力を発揮できる舞台でどこまでやれるか。鞍上の手腕にも期待。☆シルクフォーチュン »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ