2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 正味3ハロンだけの競馬になるも、最内を抜け出して2着馬の強襲を封じ込む。☆カルナヴァレスコ | トップページ | シルクなお馬さん(牧場組) »

2014年12月14日 (日)

一息入れて馬体良化も、スムーズに前との差を詰めることが出来ずにまさかの6着に終わる。★ベルフィオーレ

Photo_6 ベルフィオーレ(牝・藤原英)父ディープインパクト 母ワンフォーローズ

12月14日(日)阪神・3歳上1000万下・牝馬限定・ダ1800mに藤岡佑Jで出走。16頭立て1番人気で3枠5番から平均ペースの道中を11、11、10、9番手と進み、直線では外を通って0秒6差の6着でした。馬場は良。タイム1分53秒6、上がり37秒3。馬体重は14キロ増加の434キロでした。

○藤岡佑騎手「軸がブレず安定感ある走り。以前と比べて随分と良化を遂げていますね。レース当週にビシッと攻めた割に、精神面のコントロールも利いていた印象。ただ、この馬としては幾らか前進気勢が足りぬ感じでした。身体が重いとは思わぬものの、どうやら中身が伴い切らなかった様子。最後は苦しがっていて・・・。今回は仕上がり途上だったのかも知れません。でも、このクラスで足踏みする器とは違うはず。悲観は要らないでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○藤岡佑騎手 「ゲートはポンと出ました。前半、少しフワフワしていたけど、ロスなく運べましたし、うまく外に出せました。ただ、伸びかけて、最後の坂を上がったあたりで苦しくなってしまいました。初めて揉まれる競馬をしたこともあるかもしれないし、久々も影響したんじゃないでしょうか」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

中団よりも少し後方のポジションを追走する。馬群が凝縮した4コーナーで外から追い上げ態勢に入るが、結果的に前が止まらず、展開が不向きだった。(G誌)

14キロ増でも仕上がりは良かった。チャカつく。中団より少し後ろの位置取り。囲まれていたこともあって進出が叶わず、4角でやむを得ず外へ出したが、距離ロスが大きくなった。直線は少し伸びたが、半ばで勢いが前と同じに。もう少し積極的に運んだ方がいいタイプか。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

休み明け+昇級戦ということを考えれば、直線もそれなりに脚を使っているので悪くない6着と言えるのですが、ここは通過点にして欲しかっただけにこの結果は正直物足りないです。

勝負どころから積極的に動いて欲しかったのですが、モタモタしている間にビュイックJのアドマイヤキュートに蓋をされる形に。直線入り口で同馬を何とか振り切りましたが、前との差を詰め切れていなかったのでこの時点で絶望的な差。ジリジリと差は詰めてきましたが、馬群で揉まれる形でスタミナをロスしたのか、最後の急坂では失速気味でした。

放牧から帰ってきて馬体はかなりボリュームを増やしていた様子。当日輸送でそれなりに減ったと思いますが、前走と比べるとプラス14キロ増。全く太くなかったですし、実が入ってきた感じで好気配だったと思います。今回ゲートが良かったのも、馬体の成長のおかげでしょう。

藤岡佑Jには強い気持ちで回ってきて欲しかったですが、芝で未勝利を勝った時の悪いイメージが残っていたのかな? 終始、後手後手に回ってしまったと思います。また、結果論ですが、速い追い切りが1本不足していたのかもしれません。

まあ、悲観ばかりはしていられないので、今回の馬群で揉まれた競馬を良い経験にして、年明けからの再進撃を願っています。

« 正味3ハロンだけの競馬になるも、最内を抜け出して2着馬の強襲を封じ込む。☆カルナヴァレスコ | トップページ | シルクなお馬さん(牧場組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ベルフィオーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正味3ハロンだけの競馬になるも、最内を抜け出して2着馬の強襲を封じ込む。☆カルナヴァレスコ | トップページ | シルクなお馬さん(牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ