出資馬一覧

最近のコメント

« ダート替わりで前進を期待するも、良いところが見受けられない走りで7着に終わる。★ロードガルーダ | トップページ | 向正面でポジションを上げる松山Jの好プレイ。直線渋太く粘り通して2勝目を挙げる。☆ヴィッセン »

2014年11月 3日 (月)

懸念していた京都の坂の下りでリズムを乱し、結局1頭も交わせぬまま敗れる。★シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

土曜京都11R スワンS(G2・芝1400m) 13着(12番人気) 川須J

まずまずのスタートでしたが、いつものように控えて道中は最後方を追走、3・4コーナー中間で馬群に取り付き、直線勝負に賭けましたが、順位を上げることは出来ず後方のまま流れ込んでいます。

川須騎手「返し馬もスムーズに入っていけましたし、競馬まではとても落ち着いていましたね。ゲートの出は良かったのですが、流れについて行くとガツンとハミを噛んでしまうといけないので、前半はゆったり競馬をしました。道中の感触も良かったので、3コーナーの下りを使って徐々に上がって行こうと思いましたが、久々の京都競馬場だったこともあって、下りを気にして突っ張るような感じになってしまい、スピードに乗り切れずについて行けなかったのが痛かったです。このクラスにしては流れが落ち着いてしまったのも影響しましたね」

藤沢則調教師「適度に雨が降って、多少はこの馬に有利になるかと思っていましたが、これだけのメンバーとなるとなかなか前も止まりませんね。それに下りの坂を気にしてしまったみたいで、あそこで流れに乗り切れなかったのが響きました。状態が良かっただけに残念な結果になってしまいましたが、次走に気持ちを切り替えたいと思います。次は12月14日の中山・カペラステークスに向かいたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パドックの印象は適度な気合乗り+毛ヅヤの良さから、状態はかなり良かったと思います。JBCスプリントを目標に調整してきた陣営の頑張りに感謝ですが、回避馬が出て、使えることになって欲しかったです。

序盤は良いリズムでテン乗りの川須Jが乗ってくれているなあと思ったのですが、レース前に懸念した京都の坂の下りでモタモタと。折り合いを欠いて暴走することはなかったですが、下を気にして突っ張った走りに。勝負どころで減速してしまったのが全てで、結局1頭も交わせずじまいの最下位に終わりました。

軽い芝+直線平坦の京都で厳しい結果は覚悟していましたが、さすがに最下位に終わってしまうとは正直考えていませんでした。

この後は当初の予定通りカペラSへ進むことになるでしょうが、捌きの硬い馬が京都の芝を走り切ったので相応の反動は覚悟せねばなりません。今はその程度が酷くないことを願うばかりです。

« ダート替わりで前進を期待するも、良いところが見受けられない走りで7着に終わる。★ロードガルーダ | トップページ | 向正面でポジションを上げる松山Jの好プレイ。直線渋太く粘り通して2勝目を挙げる。☆ヴィッセン »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダート替わりで前進を期待するも、良いところが見受けられない走りで7着に終わる。★ロードガルーダ | トップページ | 向正面でポジションを上げる松山Jの好プレイ。直線渋太く粘り通して2勝目を挙げる。☆ヴィッセン »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ