2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 左前脚を挫石してしまい、予定している阪神戦への出走が困難に。★シルクドリーマー | トップページ | レース内容は良化するも、どうしても砂を被るのを嫌がってしまいます。★ロードガルーダ »

2014年11月30日 (日)

心身の幼さがまだまだ残るも、出遅れを挽回する着差以上の強い勝ちっぷりでデビュー戦を飾る。☆ロードフェリーチェ

Photo_3 ロードフェリーチェ(牡・昆)父ハービンジャー 母レディチャーム

11月29日(土)京都5R・2歳新馬・芝1600mに四位Jで出走。16頭立て3番人気で5枠9番からハイペースの道中を8、4、2番手と進み、直線では中央を通って0秒2差で優勝。初勝利を飾りました。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は稍重。タイム1分36秒2、上がり36秒1。馬体重は436キロでした。

四位騎手 「父の産駒としては素軽い走り。そんな印象を調教に跨がって抱きました。ただ、前へ前へ・・・と気持ちが一生懸命なタイプだけに、そのあたりがレースで如何なる方向へ働くかな・・・と。やはり返し馬から幾らかイレ込み気味でしたね。今日はゴチャ付かぬ形で運べたのが良かったかも。まだ幼い面が残るものの、ひとまずは勝てたのが何よりでしょう。現状ではマイルぐらいが合っていそう。あとは気性面を見ながら考えて行くのがベターでは・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○四位騎手「調教の段階から期待していました。道中は引っ張りっきりの手応えで、直線は期待通りの伸びでした。今後は気性が課題でしょう。その点が改善されれば距離の幅もひろがりそうです」(ラジオNIKKEI・競馬実況ウェブより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。出遅れてテンに行けなかったが、ジワッ上がっていき、3角手前で好位直後。前半から外へ逃げていたので、コーナーでも1番外を回る形になったが、それでも手応え良く前に並びかけていき、2着馬と並んで直線へ。そこから外に張っていたので簡単には抜け出せなかったが、コース取りの差を考えると着差以上の強さ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【2歳新馬】ロードフェリーチェが差し切り勝ち(サンスポより)

29日の京都5R2歳新馬(芝1600メートル)は、四位洋文騎手騎乗の3番人気ロードフェリーチェ(牡、栗東・昆貢厩舎)が直線で抜け出してV。タイムは1分36秒2(稍重)。

人気のゴーントレットが外で好スタートを切ったものの、その内からセイントバローズも譲らずに先手を主張。2頭が馬体を並べて先行する。その後ろにケラー、ブライアンキング、ヒメキヨヒダカなどが続き、ロードフェリーチェは外から徐々に先行集団との差を詰めた。セイントバローズを振り切ったゴーントレットが内ラチ沿いで逃げ込みを図ったが、馬体を離して馬場の真ん中から末脚を伸ばしてきたのがロードフェリーチェ。稍重馬場でフォームを崩す馬もいるなか、四位騎手のアクションに応えてしっかりと伸び、ゴーントレットを差し切って快勝した。1馬身1/4差の2着が1番人気のゴーントレット。さらに3馬身1/2差の3着には13番人気の伏兵サンライズフレーズが入っている。

ロードフェリーチェは、父ハービンジャー、母レディチャーム、母の父サンデーサイレンスという血統。近親には交流G1帝王賞を2勝したフリオーソがいる。

四位騎手は「けいこで良い感触をつかんでいたし、道中も引っ張り切りの手応えで運べたからね。距離の融通性もありそうなので、あとは気性面が課題。落ち着きが出てくるといいね」と期待しているからこその課題を指摘していた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

速いと思っていたゲートをボコッと出てしまった時はガクッとしましたが、早めに外へ持ち出してスイスイ進出。引っ掛かってしまった様子もなかったので、上手に挽回してくれたなあと見ていましたが、4角で姿を確認した時、ほぼ引っ張り切りの手応えだったので、ここで勝てるかなと確信しました。

直線は圧倒的人気を集めたゴーントレットとの追い比べ。馬体を離す形になりましたが、これは馬場の良いところを選んだみたいですし、左鞭が入っても、フェリーチェ自身が外へ行こうとする素振りがありましたね。それでも交わしてからは、控える余裕もありました。

雨で馬場も渋っていたので、正直凡走してしまわないか心配でしたが、まだまだ若さを覗かせながらも、外々を挽回していって直線で抜け出すのだから、非凡なスピード&脚力を見せてくれました。着差以上に強い勝ちっぷりだったと思います。時計も3Rの未勝利戦を上回っているので悪くないでしょう。

少し頭の高い走法はこの母系の特徴でしょうが、重厚なハービンジャー産駒とは違い、436キロの馬体どおりのトビの軽い走り。現状はマイルがベストかなと思います。

心配したパドック・返し馬での様子ですが、イレ込んでテンションが上がってしまうことはなかったです。ただ、気負いは感じられたので、1度競馬を経験したことで煩くなっていかないように十二分に気をつけてもらいたいです。

続戦なら中3週で阪神・千両賞(芝1600m)が有力かなと思いますが、1つ勝てましたし、リフレッシュ放牧で疲れを解消し、心身の成長を促した方が先々に繋がってくれるかなと考えます。

« 左前脚を挫石してしまい、予定している阪神戦への出走が困難に。★シルクドリーマー | トップページ | レース内容は良化するも、どうしても砂を被るのを嫌がってしまいます。★ロードガルーダ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードフェリーチェ」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんにちは。
ロードフェリーチェの新馬勝ちおめでとうございます!!
出遅れもなんのその!強い競馬でしたね。
外を回ってあっというまに4コーナーでは先頭に並んでそこから相手を競り落としました。
気性面の課題もあるようですがそこをクリアすればもっと良くなりそうですね。

まっきーさん、こんばんは
ロードフェリーチェへのお祝いのお言葉ありがとうございます。道中外へ逃げ加減でしたが、それでもしっかり押し切ってくれたように良い脚力があるように思います。

ロードっ仔に気性難・体力不足はつきものなので、悪い方へ向かないようにケアをしっかりして欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 左前脚を挫石してしまい、予定している阪神戦への出走が困難に。★シルクドリーマー | トップページ | レース内容は良化するも、どうしても砂を被るのを嫌がってしまいます。★ロードガルーダ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ