最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 向正面でポジションを上げる松山Jの好プレイ。直線渋太く粘り通して2勝目を挙げる。☆ヴィッセン | トップページ | 最内枠を生かして4角で射程圏まで押し上げることが出来たのが好走要因。準OPで初連対を果たす。☆シルクドリーマー »

2014年11月 3日 (月)

盛岡・JBCデー

<レディスクラシック>

◎ワイルドフラッパー、○トロワボヌール、△ブルーチッパー、×サンビスタ

ワイルドフラッパーが断然だと思いますが、相手候補には地方の舞台で未知数の○△2頭を。×サンビスタは損しない程度の押え。脚抜きの良い馬場は○△の2頭にはプラスなので、◎を脅かすシーンまであるかも。

<スプリント>

◎ノーザンリバー、○ドリームバレンチノ、▲コパノリチャード

東京盃上位2頭の争いにダート未知数もG1馬コパノリチャードがどう食い込むか。今の充実ぶりを素直に評価すれば◎が断然ですが、脚抜きの良い馬場で○▲の2頭に逆転のチャンスが出てきたという印象です。

<クラシック>

◎ワンダーアキュート、○ホッコータルマエ、▲ベストウォーリア、△コパノリッキー、×カゼノコ

大崩れしない安定感はワンダーアキュート。脚抜きの良い馬場もこなしますし、ここも好勝負必至。ホッコータルマエは完調手前ですが底力に期待。▲と△は距離克服が課題ですが、何とか辛抱できそうな範囲。追い出しをできるだけ我慢してスピードを生かしたい。カゼノコは初めての古馬挑戦。重馬場に関しても、古馬に分がありそうで…。クリソライトはここ2走強い競馬ですが、相手はさほど強くありません。時計が速くなるのも歓迎できないかと。

クラシックが終わった後、地方重賞の秋嶺賞というレースがあります。そこに私の元出資馬シルクアーネストが出走します。前走OROカップに続いて地方重賞連覇となるか注目です。

« 向正面でポジションを上げる松山Jの好プレイ。直線渋太く粘り通して2勝目を挙げる。☆ヴィッセン | トップページ | 最内枠を生かして4角で射程圏まで押し上げることが出来たのが好走要因。準OPで初連対を果たす。☆シルクドリーマー »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 向正面でポジションを上げる松山Jの好プレイ。直線渋太く粘り通して2勝目を挙げる。☆ヴィッセン | トップページ | 最内枠を生かして4角で射程圏まで押し上げることが出来たのが好走要因。準OPで初連対を果たす。☆シルクドリーマー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ