2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 牝馬らしい繊細さは気掛かりも、坂路での動きは余力十分。☆カルディア | トップページ | 先月31日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ »

2014年11月 2日 (日)

来週の出走へ向けて坂路で乗り込み中。☆シルクキングリー

Photo シルクキングリー(牡・岡田)父ディープインパクト 母ステイトリースター

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:11月8日近江特別・芝1800m(松山J)
・調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 30日に坂路で追い切り

岡田師「来週の競馬なので、今朝は坂路で時計を出しておきました。脚元の状態も特に変わりなくきていますし、むしろ状態は良くなってきていますね。前走は一瞬勝ち負けを意識したぐらいの内容だったので、次走はもっと際どい競馬をしてくれるでしょう」(10/30近況)

助 手 26栗坂良 59.7- 43.5- 28.4- 14.0 馬なり余力
助 手 30栗坂良 56.0- 41.4- 27.4- 13.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース1週前とすれば、少し控え目な調整内容ですが、脚元に不安が残るのでこれぐらいで十分でしょう。前走でもしっかり走ることが出来ていた訳ですから。

あとはレースへ行って気まぐれな面を見せずに真面目に走り切ってくれるかどうか。今までの感じだと連続して好走してくれるかとなると自信は持てません。速い時計の決着となる京都もあまり良い印象はありません。

レースはゴール前でひょこっと抜け出すのが理想なので、前々で流れに乗って追い出しをギリギリまで待つのがベターなんでしょう。来週の追い切りに松山Jが跨って、感触・癖を掴んでもらえればと思います。

« 牝馬らしい繊細さは気掛かりも、坂路での動きは余力十分。☆カルディア | トップページ | 先月31日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクキングリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牝馬らしい繊細さは気掛かりも、坂路での動きは余力十分。☆カルディア | トップページ | 先月31日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ