2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 現在はグリーンウッドで調整中。暮れの中京開催での復帰?★ロードストーム | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・厩舎調整組) »

2014年11月 1日 (土)

頭数が落ち着いたのは好材料も、昇級後二桁着順続きでは…。そろそろ変わってきて欲しい。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜京都7R 500万下(ダ1900m)7枠9番 松山J

石坂師「追い切りで古馬に先着しているように、かなり出来の良さを感じますね。短期放牧明けですが、使っている馬とそう変わらないぐらいなので、上積みは見込めると思います。距離は少しでも長い方が競馬はし易いと思うので、今の状態でどこまで良い競馬をしてくれるか楽しみですね」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4回京都9日目(11月2日)
7R 3歳上500万
サラ ダ1900メートル 指定 定量 発走13:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アグネスミニッツ 牡3 55 藤岡康太
2 2 サウンドバスター 牡6 57 太宰啓介
3 3 ヨヨギマック 牡3 55 酒井学
4 4 ヤマカツポセイドン 牡5 57 北村友一
5 5 ヤマノボンバー 牡3 52 義英真
5 6 トウケイウイン 牡4 57 川島信二
6 7 ステージジャンプ 牡4 57 幸英明
6 8 ケルンウィナー 牡3 55 川須栄彦
7 9 ヴィッセン 牡3 55 松山弘平
7 10 スワーヴカイザー 牡3 55 小牧太
8 11 アラートミノル 牡3 55 和田竜二
8 12 ナムライットウセイ 牡4 57 藤岡佑介

○石坂師 「広いコースの1900mは合うと思う。休養前は使いつつ成績が上向いていた。ゲートを五分に出てくれれば前進があってもいい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 29日に坂路で追い切り

助手「今朝クラウディオスと坂路で併せて追い切りを行いました。古馬相手に先着しているように状態も上向いているので、上積み十分だと思いますよ」(10/29近況)

助 手 26CW良 74.6- 59.4- 44.1- 14.4 馬なり余力 ステージダイブ(新馬)馬なりの外同入
助 手 29栗坂良 53.5- 39.8- 26.3- 13.4 一杯に追う クラウディオス(古500万)稍一杯を0.1秒追走0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

500万下2戦目で前進を期待した前走でしたが、勝ち馬とのタイム差は詰めたものの、着順は10着と冴えない結果に。最後の直線でバテるようなところは見せないも、追ってからピリッとした脚を使えていません。ギアが上がらないまま走り終えている感じなのが、頭の痛いところです。決め手が足りないので、向正面でスーッとポジションを上げておくことは考えても良いかなと思います。

前走後は2場開催が続くということで、節を空けるために短期放牧へ。元気が有り余っている中での放牧だったので、状態の不安はありません。ただ、前走時より大きく変わってきたかとなると、否定的な見方をしなくてはなりません。

今回は少し頭数が落ち着いた12頭での1戦。これはヴィッセンを後押しする好材料です。外枠自体はうーんといった感じですが、スタートで後手を踏んだ時には挽回が利くでしょう。理想は追っ付けることなくサッと好位を確保できる形ですが…。

少しずつ成長はしてくれているのでしょうが、500万下へ昇級後は二桁着順続き。この悪い流れ(着順)を食い止めるのが先決。最悪でも出走頭数の半分(6着)より前の順位で来て欲しいです。かなり控えめな目標ですが、何とか現状打破した結果・兆しを見せてもらいたいです。

« 現在はグリーンウッドで調整中。暮れの中京開催での復帰?★ロードストーム | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・厩舎調整組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

ヴィッセン勝ちましたね!
正直あまり期待はしていなかったのですが。。嬉しい悲鳴です(*^-^)
スタートはあまり良くなかったですが、道中まくって一息入れてからの押し切り、強気の競馬で松山騎手の好騎乗も光りました(^^♪

焼魚定食さん、こんにちは。
ヴィッセンの優勝おめでとうございます!!
合わせてデルフィーノの優勝おめでとうございます!!

ヴィッセンもデルフィーノも歯がゆい競馬が続きましたがやっとらしい競馬ができたんじゃないでしょうか。
特にデルフィーノの最後方からの末脚はお見事でした。
この仔は無理使いせず馬に合わせて使っていった方がよさそうですね。
ヴィッセンも松山騎手の好判断で捲って行ったのがよかったのかな。
ジワジワと長くいい脚を使って良いレースだったと思います。

今ちょうどドリーマーで絶叫したところでした。
こちらも惜しい2着でしたね。
こちらにまとめてのコメントご容赦ください。

もょもとさん、こんばんは
ヴィッセンは早めに上がっていく形が合うかなと見ていましたが、少頭数での競馬ということもあって、嵌ったという競馬になったと思います。まあ、それでも直線でもしっかり脚を使えたのは良かったですね。

ただ、1000万下だと更に厳しい競馬が予想されます。どこまで地力を強化していってくれるのか楽しみでもあり心配でもあります。

まっきーさん、こんばんは
デルフィーノ・ヴィッセンらへのお祝いのお言葉ありがとうございます。勝ってくれた2頭は500万下でくすぶりかけていたので、ラッキーな面があったとしても、降級してもう1勝狙える権利を得たのは大きいです。デルフィーノは改めて能力の高さを示してくれましたが、繊細な面が解消しきれていないので、年齢を重ねて大人な女性になってもらわねばなりません。

ヴィッセンは追ってからバテず伸びずな走りが続いていたので、向正面で強気に動いていって正解だったと思います。ただ、昇級すると、厳しい競馬が続くのは避けられないかなと覚悟はしています。

ドリーマーは最後勢いが鈍りながらも良く詰めてくれました。これで準OP初連対。脚の使いどころが難しいですが、脚を余して負けるより力を出し尽くした敗戦はやはり納得いきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 現在はグリーンウッドで調整中。暮れの中京開催での復帰?★ロードストーム | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・厩舎調整組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ