2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« 4角では苦しい位置取りも、前に進路が出来るとグイグイ伸びて差し切ってしまう。☆ヴォルケンクラッツ | トップページ | 天皇賞・秋には向かわず、17日にNFしがらきへリフレッシュ放牧に出ています。☆ラストインパクト »

2014年10月19日 (日)

ロードなお馬さん(昆厩舎)

Photo_3 ロードプレステージ

10月16日(木)稍重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン82.8-67.0-52.2-38.3-13.6 6分所を追って一杯になっています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒4追走して0秒5遅れ。短評は「終いの伸び不満」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○昆調教師 「10月16日(木)は気合いを付けています。長目から行くのは初めて。それを考えれば及第点でしょう。このまま順調に本数を重ねられれば、あと3週間ぐらいで態勢が整うかも。ゲートが速いタイプとは違うだけに、ある程度の距離は欲しいですね」

≪調教時計≫
14.10.16 松 田 栗CW稍 82.8 67.0 52.2 38.3 13.6(6)追って一杯 ヒルノデンハーグ(2歳新馬)一杯の内0秒4追走0秒5遅れ

Photo_3 ロードフェリーチェ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○昆調教師 「どうも初めての環境に置かれると、ちょっと気持ちが昂ぶる様子。入厩直後やゲート練習を始めた際、そのような面が見受けられました。出走プランを挙げるのは今しばらく先の予定ながら、競馬場へ連れて行く場合は注意が必要かも知れませんね」

≪調教時計≫
14.10.16 助手 栗東坂良
1回 54.1 39.2 26.0 13.6 一杯に追う キタサンコンサート(2歳新馬)に1秒1遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードプレステージはCWで初めて追い切りを消化。全体の時計はマズマズですが、坂路同様に終いの伸びが案外。単にジリっぽいだけかもしれませんが、今は非力な面が影響していると思いたいです。まあ、ビシビシ稽古を積むことができているのは○です。

ロードフェリーチェはこの母系らしくピリッとした面が出ているのでしょう。牡馬なのでやはりドッシリ構えることができるようになってもらいたいですね。また、16日に坂路での追い切りを敢行。ビシッとやったのは初めてなので仕方ないですが、ラスト1ハロンで失速しています。今後の追い切りで変わってくれるかを見守りたいです。

« 4角では苦しい位置取りも、前に進路が出来るとグイグイ伸びて差し切ってしまう。☆ヴォルケンクラッツ | トップページ | 天皇賞・秋には向かわず、17日にNFしがらきへリフレッシュ放牧に出ています。☆ラストインパクト »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードフェリーチェ」カテゴリの記事

(引退)ロードプレステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4角では苦しい位置取りも、前に進路が出来るとグイグイ伸びて差し切ってしまう。☆ヴォルケンクラッツ | トップページ | 天皇賞・秋には向かわず、17日にNFしがらきへリフレッシュ放牧に出ています。☆ラストインパクト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ