最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 仕上がりは悪くないもまだ良い頃の動きにはなく。Sペース必至で厳しい1戦となることは避けられず…。★シルクドリーマー | トップページ | 17日にNFしがらきへ到着しています。☆ファヴォリート »

2014年10月18日 (土)

冴えない成績が続くも、未勝利勝ち以来のダート戦で今後に繋がるものを見せて欲しい。★ロードランパート

Photo_6 ロードランパート(牡・高柳)父ディープインパクト 母ジャズキャット

10月18日(土)東京12R・3歳上1000万下・混合・ダート2100mに吉田豊Jで出走します。10月15日(水)稍重の美浦・ウッドチップコースで5ハロン69.8-53.9-39.8-14.2 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では強目の相手の外を0秒4先行して同時入線。追い切りの短評は「動きだけは文句無」でした。発走は16時25分です。

○高柳調教師 「10月18日(土)がレース本番。よって、今週も休み明けの15日(水)にウッドで追い切りました。前走よりもデキ自体は良く、ドタドタ感が大分抜けた感じ。現時点では除外の可能性が十分に考えられるだけに、次なる一手も同時に考え始めています」

≪調教時計≫
14.10.15 助手 美南W稍 69.8 53.9 39.8 14.2(8)馬なり余力 ウェルヴァースト(古馬500万)強目の外0秒4先行3F付同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4回東京4日目(10月18日)
12R 3歳上1000万下
サラ ダ2100メートル 指定 混合 定量 発走16:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エーペックス 牡5 57 嘉藤貴行
1 2 アムールスキー 牡3 55 大野拓弥
2 3 ガムラン せ6 57 三浦皇成
2 4 オメガラヴィータ 牝4 55 勝浦正樹
3 5 ランブリングマン 牡4 57 田中勝春
3 6 ケイジータイタン せ4 57 岩部純二
4 7 オパールパワー 牡5 57 江田照男
4 8 コスモナイスガイ 牡4 57 柴田大知
5 9 レッドジャクソン 牡5 57 伊藤工真
5 10 ロードランパート 牡6 57 吉田豊
6 11 ホワイトフリート 牡4 57 蛯名正義
6 12 アドマイヤダリヤ 牡3 55 福永祐一
7 13 アールプロセス 牡3 55 北村宏司
7 14 モンサンアルビレオ 牝3 53 的場勇人
8 15 ネオヴェリーブル せ7 57 秋山真一郎
8 16 ショウナンアポロン 牡4 54 伴啓太

○高柳師 「転厩緒戦の前走は芝を使ったが、今回はダートへシフト。以前にダートで好走した実績があるので」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めてのマイル戦で良い結果を期待した前走でしたが、レースの流れに乗り切れず、1秒差ながら最下位に。バテず伸びずで終わってしまった印象です。

その後は短期放牧を挟んで、矛先をダート戦へ。除外の可能性もあったようですが、無事出走が決まりました。個人的に2100mという距離はやや疑問ですが、芝での切れ味勝負では味がなかったので、渋太さを生かせる競馬が出来るようなら、これまでより前進があっても。

追い切りの時計に関しては、そう褒められたものではないなあというのが第一印象ですが、何故か短評は「動きだけは文句無」。使われた効果はそれなりにあると見ますが、大きく変わりそうな手応えはありません。改めて馬柱を見ると、大きな数字が並んでいますし…。

同期のエアフォースはひと足先に引退になってしまいましたが、ランパートも立場的に危い感じ。そういう現状で、前走のマイル戦、今回のダート戦と可能性を探ってくれているのは感謝しています。あとはランパートに奮起してもらって、ダートでの伸びしろを示すことができるかに尽きます。

« 仕上がりは悪くないもまだ良い頃の動きにはなく。Sペース必至で厳しい1戦となることは避けられず…。★シルクドリーマー | トップページ | 17日にNFしがらきへ到着しています。☆ファヴォリート »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードランパート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕上がりは悪くないもまだ良い頃の動きにはなく。Sペース必至で厳しい1戦となることは避けられず…。★シルクドリーマー | トップページ | 17日にNFしがらきへ到着しています。☆ファヴォリート »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ