2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 9月26日に滋賀・吉澤ステーブルWESTへ移動しています。☆パルテノン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牝馬) »

2014年10月 3日 (金)

直線でそれなりの伸びは見せるも、勝ち負けの争いには絡めず4着。★シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

水曜大井11R 東京盃(JPN2)(ダ1200m) 4着(4番人気) 藤岡康J

まずまずのスタートから、控えて道中は最後方を追走、残り600m付近から徐々に進出し、中団まで押し上げて直線に入ると、大外から懸命に追い上げましたが、上位には届かず4着でゴールしています。

藤岡康騎手「体は前走と比べてフックラしていましたし、返し馬の感触も良く、状態は良かったと思います。スタートも上手く出てくれたのですが、出た直後に左右の馬に挟まれてしまい、バランスを崩してしまいました。道中は勝ち馬のノーザンリバーを見ながらレースを進められたのですが、前半でスムーズさを欠いてしまった分、最後は差を詰められませんでした。力はある馬なので、何とか4着まで来てくれましたが、正直言って往年に比べると最後の爆発力は衰えてきているように感じます。直線の長い得意なコースだったので、良い結果を残したかったのですが残念です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽め調整
・次走予定:盛岡11月3日・JBCスプリント(ダ1200m)

藤沢則師「輸送も無事にこなし、ナイター競馬でも特に落ち着いてくれていたので、力は出せると思っていました。スタートして両脇の馬にカットされてしまい、その分位置取りを下げることになってしまったのは痛かったですね。勝負処でも前の馬がばててきた為に、どちらに行くか躊躇した分、仕掛けが遅くなってしまった感じです。スムーズに立ち回れていれば、もう少し際どい競馬になっていたと思いますが、これも競馬なので次走に気持ちを切り替えたいと思います、レース後の状態も、今朝の段階では特に変わりありませんので、11月3日のJBCスプリントに登録しようと思います。もし除外になればカペラステークスに直行することになると思います」(10/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体が戻って、初ナイター・初大井でも落ち着きを保っていたシルクフォーチュン。レース前から気にしていたイレ込みが見られなかったので、レースでの期待は高まったのですが…。

スタートの不利は痛かったですが、致命傷ということはありません。折り合いを欠くことなく追走はできていたと思います。良い雰囲気で勝負どころを回ってきたと思ったのですが、直線はもう一つグッとした脚を使えませんでした。直線の入り口でちょっと変な態勢になっていたので、物見をしてしまったのかな?

また、勝ったノーザンリバーにはこれで5戦連続で先着を許すことになりました。直線の攻防を見ると、瞬発力の差が出てしまっているように思います。藤岡康Jがコメントしていますが、現8歳馬に往年の切れ味を求めるのは酷でしょうね。最後伸びてきたように見えたのは、他馬の脚色が鈍ったからだと思います。

今後はJBCスプリントへ向かう予定ですが、東京盃が中央枠ギリギリだったらしいので、次は補欠に回る可能性が高いでしょうね。

気の若い馬ですが、さすがに年齢に勝てない感じに。残された競走馬生活は長くないでしょうが、1戦1戦を全力投球してもらえればと思います。

« 9月26日に滋賀・吉澤ステーブルWESTへ移動しています。☆パルテノン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牝馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月26日に滋賀・吉澤ステーブルWESTへ移動しています。☆パルテノン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牝馬) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ