2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 能力の違いを見せるデビュー勝ちも、身のこなし等にまだまだ課題が残ります。☆ワンダフルラスター | トップページ | ロードなお馬さん(2歳・ケイアイファーム組) »

2014年9月14日 (日)

夏の充電期間を無駄にするような前走と同体重での出走。直線半ばで力尽きてしまう。★デルフィーノ

Photo_6 デルフィーノ(牝・牧)父ハーツクライ 母レディアーティスト

9月13日(土)新潟11R・紫苑S(OP)・混合・牝馬限定・芝2000mに横山典Jで出走。18頭立て9番人気で7枠14番から平均ペースの道中を7、5、6番手と進み、直線では外を通って1秒3差の10着でした。馬場は不良。タイム2分04秒6、上がり36秒7。馬体重は増減無しの442キロでした。

○牧調教師 「青草の持参と馬房に幕を張る策を講じ、遠征先でも落ち着きを維持。また、輸送中もエサを食べており、前回のような酷い発汗も防げました。不良コンディションは得意ではないとは思いますが、持ったままで勝ち馬の横に付け、あとは伸びるだけ・・・の態勢から今一つの反応を踏まえると距離を縮めた方が良いかも知れません。ジョッキーも同様の見解を述べると同時に、将来的に走って来る馬と言う僕の評価は何も変わらない・・・と言ってくれています。ウェイト自体は増減無しながら、調整過程を含めて状態は良かったはず。引き続き、厩舎に置いて東京開催の芝1600mか芝1800m戦を目指す考えです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

横山典騎手 「休み明けだったし、よく頑張ってくれたと思う。とにかく、これからの馬。今後に期待したい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好仕上がり。好位の外をついて回るも、追い出して少し脚を使った程度。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース前から危惧していた新潟への長距離輸送。何とか450キロ台で踏ん張って欲しかったですが、当日発表された馬体重は前走から増減なしの442キロ。もうこの時点でデルフィーノへの期待は一気に萎んでしまいました。

意識してレース間隔を空けて立て直してきたのに、この期間が無駄になるような有り様。厩舎とすれば、想像していた以上に新潟への輸送で馬体を減らしてしまったんだと思いますが…。春より体質は強化されたんでしょうが、繊細な牝馬という側面は変わらずしまいでした。

そして、レース前には追い打ちをかけるかのような大雨。結局、不良馬場での競馬になってしまい、より負担を掛けることになってしまったと思います。レースは勝ったレーヴデトワールと近い位置での競馬だったので、多少行きたがったかもしれませんが、乗り方に問題はなかったと思います。

デルフィーノも直線半ばまでは良く踏ん張ってくれていましたが、ラスト200mでガス欠に。細身の馬体+切れ味を削ぐ馬場では致し方ありません。

楽しみな能力を秘めている1頭なのは確かなのですが、繊細さという課題がクリアとなるのは難しそう。初期育成の時点でロード馬は1頭1頭にもっと手をかけることができれば良いのでしょうが…。その繊細さをフォローするには、デルフィーノが食べてくれるようなカイバを見つけ出してもらいたいです。

今後は馬体回復が優先されるでしょうが、トレセンへ入ると、馬体が減ってしまうことを見越して、480キロ台くらいまでボリュームアップが必要に思います。

« 能力の違いを見せるデビュー勝ちも、身のこなし等にまだまだ課題が残ります。☆ワンダフルラスター | トップページ | ロードなお馬さん(2歳・ケイアイファーム組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)デルフィーノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能力の違いを見せるデビュー勝ちも、身のこなし等にまだまだ課題が残ります。☆ワンダフルラスター | トップページ | ロードなお馬さん(2歳・ケイアイファーム組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ