2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 黙々と調教メニューを消化。帰厩後の活躍を期待して。☆ロードシュプリーム | トップページ | 大敗続きの現状でここも苦戦。ブリンカー装着でどこまで変わり身があるか…。★ウォースピリッツ »

2014年9月 7日 (日)

予定を撤回して再度ダートの1戦に。ただ、最終週でメンバーが揃い、シビアな競馬になりそうで…。★ジューヴルエール

Photo ジューヴルエール(牡・池江寿)父ディープインパクト 母マチカネタマカズラ

日曜札幌8R 500万下(ダ1700m)5枠7番 藤岡康J

池江師「ひと叩きして息遣いも違ってくると思いますし、終いの粘りも増してくると思います。芝のレースを使う予定でしたが、相手関係等を色々と考えてダートをもう1度試してみることにしました。前回ダートを使った時も、内容的には悪くありませんでしたし、再度のダート戦で良い面を見せてくれればと思っています」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回札幌6日目(9月7日)
8R 3歳上500万
サラ ダ1700メートル 指定 定量 発走13:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 トゥヴァビエン 牡4 57 小林徹弥
2 2 セブンフォース 牡4 57 福永祐一
3 3 ワンダーブラザウン 牡4 57 藤田伸二
4 4 ダブルファンタジー 牝4 55 古川吉洋
4 5 ホクレアポパイ せ5 57 柴山雄一
5 6 エスティロックオン 牡3 54 菅原隆一
5 7 ジューヴルエール 牡4 57 藤岡康太
6 8 イノセンテス 牡3 51 小崎綾也
6 9 ニホンピロバロン 牡4 57 秋山真一郎
7 10 コスモソーク 牡4 57 丹内祐次
7 11 ハヤブサペコチャン 牝4 55 吉田隼人
8 12 フィールザロマンス 牝4 55 花田大昂
8 13 ビッグギグ 牡3 54 松田大

○岩崎助手 「前走は久々の分だと思います。いくらか硬さはありますが、滞在で体調そのものはいいです。叩き2走目で前進を」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:周回コースでキャンター

池江師「使った後も変わりないと聞いていますし、ひと叩きして状態は上向いているとのことです。想定を見て使える所に投票する予定です」(9/3近況)

助 手 3札ダ良 59.5- 45.3- 13.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中1週の権利なしでも、日曜なら芝の平場戦へ出走が叶う状況でしたが、ダートへ矛先を再度向けてきたジューヴルエール。前走時はやはり芝の方が良いようなコメントを目にしていましたが、陣営も打開策が見当たらず苦心しているのが見て取れます。

今回中1週での出走となりますが、状態面は問題なし。ただ、池江師がコメントしている叩き2走目の効果はジューヴルエールには該当しないでしょうね。要は気分次第の馬ですから。

初めてのダート戦はスタートで立ち遅れて後方からの競馬。砂を被って前へ進んでいきませんでしたが、直線で大きく外へ持ち出してからジワジワ脚を繰り出して盛り返していました。ダートの適性に関しては有ると見て正解かと思います。

ただ、今週で札幌競馬が終わるということで、500万下で惜敗していた馬が連闘を敢行してきてレベルの高い1戦に。有力馬はそれぞれ前へ行きたい馬なので、時計は速くなるでしょうし、前がやりあえば出入りの激しい競馬にもなるでしょう。

そういう状況下でジューヴルエールが気分良く走れる可能性はほぼ0に近いかと思います。ここは腹を括って後方から競馬を進めて何頭交わすことができるかに徹した方がベターに思います。

« 黙々と調教メニューを消化。帰厩後の活躍を期待して。☆ロードシュプリーム | トップページ | 大敗続きの現状でここも苦戦。ブリンカー装着でどこまで変わり身があるか…。★ウォースピリッツ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ジューヴルエール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黙々と調教メニューを消化。帰厩後の活躍を期待して。☆ロードシュプリーム | トップページ | 大敗続きの現状でここも苦戦。ブリンカー装着でどこまで変わり身があるか…。★ウォースピリッツ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ