2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(NF天栄調整組) | トップページ | ロードなお馬さん(2・3・4歳馬・牧場組) »

2014年8月19日 (火)

ゲートをソロっと出して控える競馬を試みるも、馬がパニックを起こして制御不能に近い状態に。★シルクバーニッシュ

Photo_2 シルクバーニッシュ(牡・中内田)父アドマイヤムーン 母ビービーバーニング

日曜小倉10R 西部日刊スポーツ杯(芝1200m) 7着(6番人気) 川須J

スタートで出遅れてしまい、道中は先行勢の後ろで6・7番手あたりを追走、4コーナー付近でジワッと差を詰め、直線では内から前を窺いましたが、残り100m付近で脚色が鈍り、中団に敗れています。

川須騎手「返し馬ではいい感じで落ち着いていたのですが、ゲートの中に入るとスイッチが入ったのか、テンションが上がってしまいました。それが響いたのか、出てからムキになってしまい、制御が効きませんでした。あそこで行ってしまうと、これまでと同じなので、今後の為に我慢させました。能力は高いものを持っているだけに歯痒いですね」

助手「滞在の効果もあって、とても落ち着いて状態は文句なかったのですが、競馬に行くとスイッチが入ってしまいますね。今回は川須騎手が我慢して抑えてくれたので、次走に生きてくれるといいですね。一旦栗東に戻り、短期で放牧に出そうと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

意識的にゲートをゆっくり出しましたが、頭を上げたり、口を割ったりと制御不能になりかけたバーニッシュ。川須Jが何とか手綱を引っ張って我慢させてくれましたが、これが次走に生きてくれるかとなると非常に怪しいところ。まさしく希望的観測に過ぎません。

レースに関しては、チグハグになってしまいましたが、ハナへ行かないとなると、こういうような事態になることは想定できたので、致し方ないところでしょう。

今後は節を稼ぐために一旦放牧に出る予定です。牧場でも気ままに走らさず、集団で調教してもらって、我慢させることを継続して欲しいです。

脚力は秘めているのですが、それがレースでフルに発揮される日が来るのはいつのことやら…。

« シルクなお馬さん(NF天栄調整組) | トップページ | ロードなお馬さん(2・3・4歳馬・牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクバーニッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(NF天栄調整組) | トップページ | ロードなお馬さん(2・3・4歳馬・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ