最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 良い形で最後の直線を迎えるも、そこからのひと押しが利かず。5着確保までが精一杯。★ロードハリケーン | トップページ | 火曜日に最終追い切りを済ませ、本日札幌に向けて出発。★シルクオフィサー »

2014年7月29日 (火)

札幌開催での復帰を見送り、紫苑Sでの復帰を目指すことに。☆デルフィーノ

Photo_6 デルフィーノ(牝・牧)父ハーツクライ 母レディアーティスト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○牧調教師 「順調に回復を遂げ、段々と態勢が整って来た・・・との報告を牧場より受けました。オーナーサイド、横山典弘騎手と今後のプランを確認。札幌での復帰は見送り、毎年1勝馬でもゲートインが可能な紫苑S(OP)で秋華賞(G1)出走の権利を狙いましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

札幌での復帰を目指していましたが、関係者の協議の結果、紫苑Sでの復帰を目指すことに方向転換となりました。

日程的に間に合うか微妙だったので、急仕上げを避けたのは歓迎ですが、紫苑S出走となると、輸送で減ることを見越して早めの帰厩が迫られます。繊細な馬なので、そのタイミングをどう見極めるかが大事になってくるはず。また、牧調教師には牧場の報告だけでなく、実際にデルフィーノの姿を見て、適切な判断をお願いしたいです。

« 良い形で最後の直線を迎えるも、そこからのひと押しが利かず。5着確保までが精一杯。★ロードハリケーン | トップページ | 火曜日に最終追い切りを済ませ、本日札幌に向けて出発。★シルクオフィサー »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)デルフィーノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 良い形で最後の直線を迎えるも、そこからのひと押しが利かず。5着確保までが精一杯。★ロードハリケーン | トップページ | 火曜日に最終追い切りを済ませ、本日札幌に向けて出発。★シルクオフィサー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ