2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.408 | トップページ | 11日に函館競馬場へ入厩することになりました。☆シルクラングレー »

2014年7月 9日 (水)

夏の札幌開催での復帰がほぼ決定。☆デルフィーノ

Photo_6 デルフィーノ(牝・牧)父ハーツクライ 母レディアーティスト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ここに来てハロン18秒レベルを開始。ペースアップ後もマイナス要素は一切窺えませんね。先日、改めて牧調教師と今後の展望を話し合った結果、早ければ今月末にも札幌競馬場へ移動させる方向性が示されました。勿論、十分に仕上がる計算です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の段階で札幌競馬での復帰が示唆されていましたが、改めて牧調教師と話し合った結果、早ければ今月末に札幌競馬場へ入厩する運びとなりました。入厩するんだから、札幌開催で復帰させるんでしょう。

ただ、1ヶ月前のコメントでは、“慎重に慎重を期す構えです”と発し、春のダメージを酷評していたんですが、それからV字を描く急上昇とは到底思えません。実際に普通キャンターをこなす程度の進み具合ですし…。今から春の二の舞いにならないことを願うばかりです。

帰厩する際には、牧調教師に現地まで足を運んでもらって、その目でしっかりチェックしてもらってGOサインを出して欲しいです。

素質は秘めていると思いますが、デビュー1・2戦のメンバーはその後の活躍が案外。冷静に考えると、半信半疑な面が大きいので、次走での走りがデルフィーノの今後を占い意味で試金石になってくると思います。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.408 | トップページ | 11日に函館競馬場へ入厩することになりました。☆シルクラングレー »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)デルフィーノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.408 | トップページ | 11日に函館競馬場へ入厩することになりました。☆シルクラングレー »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ