最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(関東馬・来週出走予定) | トップページ | 時計への対応が鍵になるも、久々の勝利の余勢を駆ってどこまでやれるか注目。☆シルクラングレー »

2014年7月25日 (金)

初ダートも稽古の感触は上々。強敵が2頭いるも、牝馬同士の1戦なら素質は抜けている筈。☆ベルフィオーレ

Photo_6 ベルフィオーレ(牝・藤原英)父ディープインパクト 母ワンフォーローズ

7月26日(土)中京3R・3歳未勝利・牝馬限定・ダート1800mに福永Jで出走します。追い切りの短評は「動きに鋭さ出る」でした。発走は11時00分です。

3回中京7日目(7月26日)
3R 3歳未勝利
サラ ダ1800メートル 牝馬 馬齢 発走11:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 クニサキオペラ 牝3 54 森一馬
2 2 シゲルサヌキ 牝3 54 北村友一
3 3 ニホンピロレディー 牝3 51 岩崎翼
4 4 エスジーカピターナ 牝3 54 藤懸貴志
5 5 マルヨラピド 牝3 53 中井裕二
5 6 ホシノキラメキ 牝3 54 幸英明
6 7 イイヴィ 牝3 54 川須栄彦
6 8 サダムアリガトウ 牝3 51 松若風馬
7 9 グッドタイムロール 牝3 54 浜中俊
7 10 モネノカガヤキ 牝3 54 国分優作
8 11 ベルフィオーレ 牝3 54 福永祐一
8 12 ジューンヴィエナ 牝3 51 義英真

○田代助手「長く脚を使う。ダートでの追い切りが良かった。叩き2走目で上積みもあると思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走6着に敗れてしまい、次走への優先権を確保できなかったので難儀しましたが、試行錯誤した中で、ダートコースでの追い切りを確認。小柄な馬なので陣営もダートはダメだろうという先入観はあったでしょうが、思いのほかしっかりした動きを披露。その後はダートでの追い切りを重ねて、芝からダートに番組を変更しての今回が第3戦目となります。

いつ使えるかハッキリしない中なのに、無意味な追い切りがなかったのが何より。この中間の動きは叩いたことによる顕著な良化が窺えます。前走後、何回か述べましたが、坂路で時計を出すようになったのがトモ強化に繋がっているのでしょう。

相手関係ですが、前走3着馬に7馬身差をつけて2着に敗れたサダムアリガトウとグッドタイムロールが大強敵。競馬新聞では両馬の一騎打ちムードで、その後にベルフィオーレが続くという感じ。これまでの戦績からそうなるのは当然ですが、素質は上記2頭を軽く上回るモノを秘めている筈。

頭数が12頭と落ち着いたのもプラスですし、揉まれにくい外目の枠をゲットできたのも勿論○。当面のライバルを前に見ながら競馬を進めることができる有利さ+福永Jとのコンビに戻るのも良いでしょう。あとは実戦へ行って、稽古通りで見せた適性がホントに通用するかです。

4角で人気を集める2頭に外から楽に並び掛けることができるか…。こういうシーンが現実になれば、1着という結果が付いてきてくれるでしょう。最悪、優先権確保ですが、勝利という良い知らせを目の当たりにしたいです。

« シルクなお馬さん(関東馬・来週出走予定) | トップページ | 時計への対応が鍵になるも、久々の勝利の余勢を駆ってどこまでやれるか注目。☆シルクラングレー »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ベルフィオーレ」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんにちは☆
ベルフィオーレの優勝おめでとうございます^o^
ダート替わりで結果が出ましたね。
素質はあったんっでしょうけど、流石にこの時期だけに焦りますね。
走り方が癖があったので道中は大丈夫かな? と思いましたが最後はピッチ走法気味で楽に上がって行きましたね。
ここでしっかり勝たせるあたりが厩舎力でしょうか。
募集時に抽選漏れした馬だけにずっと気になっておりました。
これでじっくり成長を促しつつ良くしていけそうですね^_^

うちとこはどう選んでも未勝利で芝からダートに替えて大前進って馬がいないんですよねえ。
地方交流戦でさえ過去勝てたことが無くって^^;
再ファンドを申し込んだ兄のロードジェネラルも園田でさえブッチギリのドベとかでもう帰ってくることは無理でしょう★
最初からダート馬と思って出資している馬以外、ダートが見事にからっきしダメと言う不思議な現象なんですよねえ。

ぼんちゃんさん、こんにちは
ベルフィオーレへのお祝いのお言葉ありがとうございます。
外目の枠に入った時点で勝てるかなと思っていたのですが、浜中Jが早目に動いて行った時に内のサダムアリガトウが不利を受けていたのも、ラッキーだったと思います。

また、揉まれなかったのも良かったんでしょうが、直線の走りはこれまでとは一変していたと思います。フットワークが全く違う感じだったので、ダートの適性はかなりあるかもしれません。また、硬い芝を気にして晩年成績が冴えなかった半姉レディアルバローザもダートへ矛先を向けてたら、ちょっと違っていたんだろうなあとも思いましたね。

ロードジェネラルは落馬の影響が大きいのでしょうか。さすがにこれほど負ける馬ではないので、精神的なモノかと思います。ちょっと立て直すのは難しいんじゃないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(関東馬・来週出走予定) | トップページ | 時計への対応が鍵になるも、久々の勝利の余勢を駆ってどこまでやれるか注目。☆シルクラングレー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ