最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 13日に美浦・大竹厩舎へ戻っています。☆シルクオフィサー | トップページ | 脚元を気遣いながらも調整に狂いなし。相性の良い東京&時計の掛かる決着になってどこまでやれるか。☆シルクアーネスト »

2014年6月14日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.404

(阪神11R)マーメイドS(G3)

◎シャトーブランシュ、○ウエスタンレベッカ、▲ディアデラマドレ、△フーラブライト、×フロアクラフト、×メイショウキラリ

芝1800m・外回りなら、ディアデラマドレかと思いますが、内回りで器用さを求められる条件。そこで秋華賞6着とこの距離にそれなりの実績のあるシャトーブランシュを評価。攻めは軽めでしたが、動きはしっかりしていましたし、順当に叩いた上積みを見込めるでしょう。パワーもあるので、コース替わりも問題なし。

対抗は先行力があって52キロで臨めるウエスタンレベッカ。2000mはベストの距離ですし、急仕上げを叩いた効果で本領発揮を。枠も良いところが当たったと思います。

降級して1000万下の身ですが、素質はOP級の同馬。他馬と比較して53キロは見込めれましたが、それを跳ね除けるモノは持ち合わせています。あとは2000m・内回りをどう乗りこなすかでしょうね。アッサリ勝っても不思議ないですし、伸びあぐねることがあっても驚きません。

実績は抜けた存在のフーラブライト。56キロなら辛抱してくれそうですが、他馬と差が大きいのがどうか。また、G1後の見えない疲れも気になるところ。押さえ程度までかな?

あとは近走案外も、2000mで見直させそうなフロアクラフト、差し・追い込みが台頭する流れなら50キロが怖いメイショウキラリも一応の警戒を。

« 13日に美浦・大竹厩舎へ戻っています。☆シルクオフィサー | トップページ | 脚元を気遣いながらも調整に狂いなし。相性の良い東京&時計の掛かる決着になってどこまでやれるか。☆シルクアーネスト »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 13日に美浦・大竹厩舎へ戻っています。☆シルクオフィサー | トップページ | 脚元を気遣いながらも調整に狂いなし。相性の良い東京&時計の掛かる決着になってどこまでやれるか。☆シルクアーネスト »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ