2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 次走に向けてゆっくり始めています。☆ロードオブザリング | トップページ | 向正面でハナへ行く松田Jの積極策が功を奏す。特別レース勝ちで待望の3勝目。☆シルクラングレー »

2014年6月22日 (日)

ゲートでのロス+外へ逃げる素振りを見せながら、直線外から襲いかかっていく強い内容の3着。☆ヴォルケンクラッツ

Photo ヴォルケンクラッツ(牡・平田)父マンハッタンカフェ 母ウミラージ

土曜阪神7R 500万下(ダ1800m) 3着(4番人気) 和田J

スタートで出遅れ、道中は後方4番手あたりを追走、3コーナー手前から徐々に進出し、4コーナーで先団に付けると、直線では外から懸命に追い上げましたが、上位にはあと一歩及ばず3着でゴールしています。

和田騎手「ゲートでかなり待たされましたが、中では大人しく駐立していました。ゲートは速くないと思っていたので、焦らず無理しないように追走させました。まだ粗削りなところはありますが、レースセンスもいいですし、昇級初戦にしては良かったと思います。まだ2戦目ですし、経験を積んでいけばOPまで行ける馬だと思っているので、今後がとても楽しみな一頭です」

平田調教師「今回は駐立を重視して練習を行っていたので、出遅れは覚悟していましたが、まず一つはクリアしてくれたと思います。今回勝ち上がった降級馬などがいるメンバーで、楽な競馬にはならないと思っていましたが、負けはしたものの、2戦目とは思えない様な内容でしたね。和田騎手も相当この馬のことを評価してくれているので、経験を積んで行けばどんどん勝ち上がって行くでしょう。この後の状態に変わりがなければ、中京3週目あたりを使う予定で行こうと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○和田騎手 「ゲートの中ではおとなしいが、出が悪かった。その後は上手にレースをしてくれたけど、3~4角で外へ逃げ気味になっていた。スムーズならもっと際どかったと思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出遅れて前半は後方。3角手前から押し上げにかかったが、コーナーでは外にモタれていたので左ステッキを入れながら。直線入り口でもそんな感じだったので、勝ち馬に内を割られてしまった。それでも最後までよく食い下がって3着。まだトモが緩く、体にも余裕があってこの内容。素質は高い。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

稽古の動きが素軽さを増していたので、馬体に締まりが出てきたものと解釈していましたが、パドックに登場したヴォルケンクラッツは前走と同じく534キロでの出走。食欲旺盛なのは悪いことではありませんが、まだまだ立派な体つき。この体ではさすがに古馬相手では厳しいだろうなあと覚悟しました。

課題のゲートは嫌がる素振りを見せずにスッと枠入り。中でも大人しくしているなあと見ていたのですが、クレスコモアのトラブルでその間、ゲート内で待たされたのは痛かったです。ゲートは普通に出たのですが、ダッシュが利きませんでした。まあ、これもヴォルケンクラッツのキャラクターなので、ゲートでのロスには目をつぶった方が賢明でしょう。

道中のレース運びはデビュー戦と同様。3角手前から今回も外めを動いていきましたが、前走のような行きっぷりではなかったです。ズブさというか反応がもう一つで、ちょっと変な格好での追走。勝ち馬のシュミットとの手応えの差は歴然で、4角を回ってくる時に左鞭が入っていたので、直線は伸びあぐねることを覚悟したものです。

ただ、直線は手応えが怪しい中でも、ジワジワと脚を繰り出し、一瞬まとめて面倒を見ようという雰囲気はありました。パタッと止まることなく踏ん張ってくれたのですが、さすがに最後の急坂で力尽きてしまいました。

負けてはしまいましたが、ゲートでのロス・ポジションを詰めに行った時に外へ逃げる素振りがありながら、外々から差を詰めていった脚力は立派。走破時計をきっちり詰め、3歳馬では最先着を果たしてくれました。

結果3着に敗れたのはちょっと残念ですが、余裕残しの馬体+ロスのある粗削りな走りでも、強い競馬を見せてくれたのは大収穫。個人的にはレース前に思い描いていた先に繋がる負け方だったので、今後への期待が一段と高まりました。

« 次走に向けてゆっくり始めています。☆ロードオブザリング | トップページ | 向正面でハナへ行く松田Jの積極策が功を奏す。特別レース勝ちで待望の3勝目。☆シルクラングレー »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ヴォルケンクラッツ」カテゴリの記事

コメント

スタート出遅れて厳しいかと思いましたが、前走と同じようなレース運びで複勝圏内に入りました(*^-^)
なかなか収穫の多いレースだったのではないでしょうか。
個人的には芝の適性をみてみたいです。

もょもとさん、こんにちは
ヴォルケンクラッツは粗削りな競馬でしたが、あの手応えでも差のないところまで詰めてくるんですから、スタミナは相当ありますね。勝てなかったですが、今回の厳しいレースは良い経験になるでしょうし、次走以降で生かしてくれることを願っています。

芝での走りも見てみたいですが、馬体ができてくるまでは無理しない方が賢明なのかなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次走に向けてゆっくり始めています。☆ロードオブザリング | トップページ | 向正面でハナへ行く松田Jの積極策が功を奏す。特別レース勝ちで待望の3勝目。☆シルクラングレー »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ