2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 第7回シルク応援隊杯POG・指名馬一覧 | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・牧場組) »

2014年5月31日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.402

(東京10R)東京優駿(G1)

◎ワンアンドオンリー、○トゥザワールド、▲ワールドインパクト、△ベルキャニオン、×ハギノハイブリッド、×イスラボニータ

勝ち負けは別にして、馬券に絡む可能性が高いのはトゥザワールド→ワンアンドオンリーの順かと思います。双璧ですが、橋口調教師の悲願ということでワンアンドオンリーに頑張ってもらいたいです。

今年になって名義を前田幸治に変更して、橋口調教師とタッグでここを目指してきたと思います。確かに距離延長+東京コースへの変更は一概には良いとは思えませんが、内枠を生かした正攻法の競馬ができるなら。

トゥザワールドは直前の動きは良かったですが、前走後の調整過程は少し手緩い面もあります。1戦1戦一生懸命走る馬なので、その分反動も出てしまうんだと思います。まあ、それでも急ピッチに上昇してきているのは確かです。あとはゴールまでひと押し利けば。

現状の完成度で見劣り、それがレースで出てしまう可能性は高いですが、ワールドインパクトの潜在能力は認めるところ。ここは挑戦者で気楽に乗れる立場ですし、そういう時には心強い鞍上。人気どころが意識して動いていった時に一呼吸待って大外強襲を狙ってもらいたいです。

ベルキャニオンは強行軍ですが、東京コースでは底を見せていません。距離も十分対応できると思います。戸崎Jはレッドリヴェールを下ろされた無念を同馬で晴らすか。

あとは、ハギノハイブリッドとイスラボニータを押さえます。前者はゆくゆくはかなり出世する馬だと思いますが、さすがに強行軍。500万下が1戦余分だったかなと思います。あとは得意の左回りに替わる分に淡い期待。イスラボニータは皐月賞の強さが際立っていましたが、今回の追い切りはややセーブ気味。血統面でも距離延長に不安を抱えますが、折り合いが難しい馬でもあります。外枠が当たったのは痛いですし、相当上手に乗ってこないと…。それらを凌駕するパフォーマンスを見せられれば、それはそれで納得です。

レッドリヴェールは初めての長距離輸送は歓迎できませんし、直前の気配が問題ないようなら、少し買い足すくらいでしょうか。トーセンスターダムはダービーを大目標に挑戦してきましたが、馬の成長はまだまだ遅いかと。また、多頭数の競馬への課題もあると思います。

« 第7回シルク応援隊杯POG・指名馬一覧 | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・牧場組) »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんばんは☆
まずはワンアンドオンリーの優勝予想的中おめでとうございます。
ワールドくんは馬の調子はバッチリでしたが、悪い私の予感通り一番して欲しくない後ろからの大外ぶん回しされちゃいました。
あれではハープスターでも届かないですよね。
厩舎の指示もあったし、返し馬も輪乗りも馬を落ちつかせる工夫ばかりさせていたような。
弥生賞のレース内容を見た時にあーこれで、皐月もダービーもなくなったなと思ってましたがあそこが分岐点だったと自分は思ってます。
最高に乗ってくれても今回は三着だったかな、とは思いますけど。
うーん、騎手もまだまだ勉強不足ですよね。

しかし、弥生賞で目の前で見たワンアンドオンリーの返し馬は今でも脳裏に焼き付いています。
ああいう馬を持ちたいですね。
CMといい、誕生日が馬と騎手とオーナーと皇太子が同じって話が出来すぎです(笑)
最後のレースでエビちゃんが勝つのもお決まりのパターン?
やっぱり出来すぎですわ(^^)

レッドのお馬さんも可哀想なレース選択でしたね。
クラブ馬はオーナーのおもちゃじゃないんだからと思いました。
徒然に失礼しました。

ぼんちゃんさん、こんばんは
トゥザワールドは厩舎の指示もあったのでしょうが、ちょっと後ろすぎましたね。これまで真ん中から外めの枠ばかりが当たっていたので、内枠に戸惑ったのかな?また、直線は頻繁に手前を替えていたように見えたので、目に見えない疲れがあったのかもしれませんね。

終わってみれば、1・2着馬が世代で傑出した存在になりましたね。イスラボニータも外枠と手緩い調整であそこまで走るんですから、凄いです。

ワンアンドオンリーは前目に付けるとは思っていましたが、掛かりながらも最後まで持たせました。ハーツクライには母父短距離馬が合うみたいですね。誕生日の一致は凄いですね。金曜日の段階でワンアンドオンリーの単勝が売れていたのも、こういう一致を知っていた人なのかな?

レッドリヴェールは初めての連戦+関東への長距離輸送は厳しいと見ていたので、実際にマイナス体重だった時点でいらないかと思いました。勝つ気があるなら、美浦に留学させるなど手は合ったと思うのですが…。距離もちょっと長かったのかな? 繊細な牝馬なので、ここで厳しい競馬をしてしまったダメージは気がかりですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第7回シルク応援隊杯POG・指名馬一覧 | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ