2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 9日に栗東・藤沢則厩舎へ戻っています。☆シルクフォーチュン | トップページ | この距離は魅力も、除外続きで良い出来での出走は望めず。今回も厳しい競馬を覚悟して…。★ロードクラヴィウス »

2014年5月10日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.397

(東京11R)NHKマイルC(G1)

◎ロサギガンティア、○サトノルパン、▲ショウナンワダチ、△エイシンブルズアイ、×ショウナンアチーヴ、×アドマイヤビジン、×アルマエルナト、×ホウライアキコ

◎~△4頭のBOXがメインに、◎と○から×へ流して。ミッキーアイルは流れは速くなるでしょうし、直線はラチを頼った走りになるはず。他馬の出方次第で控える競馬も示唆していますが、ここまで逃げて結果を出してきている馬なので、悔いを残さないなら逃げの手しかないと思います。非凡な能力は認めるところですが、不安要素を抱えてのこの人気なので、バサッと切りたい気分です。

本命は皐月賞でも期待したロサギガンティア。ちょっと良いところなく負けたのが気に入りませんが、府中のマイルに舞台が替わるのはプラスでしょう。皐月賞と比べると、相手も楽かと思います。ただ、速い時計の決着になった時にどうなのかな? そこが不安材料です。

サトノルパンは前走勝ち馬に進路を封じられて厳しい位置取り。それでも能力だけで2着と賞金を加算したのは認めたいです。最後方に近い位置からの競馬になるでしょうが、武豊Jの腹を括った追い込みを久々に見たいです。流れが向けば、突き抜けても不思議ありません。

勝ち切るまではどうかと思いますが、安定感が光るショウナンワダチ。前回は勝ちに行く競馬をして差されてしまいましたが、内容は負けて強しのモノ。今回は人気を落として、気楽に1発を狙える立場。実績のある舞台ですし、見直したい。

エイシンブルズアイは距離が長いと思われた毎日杯で2着。ようやく結果を出してくれましたが、今にして思えばレースのレベルが?印。初めての左回りはトレーニングセールでの走りからプラス材料かもしれません。課題はテンション高めの馬なので、初めての長距離輸送が果たして。今回は少しじっくり構えた競馬を個人的にはしてほしいです。

ショウナンアチーヴは後藤Jが落馬負傷で戸崎Jに戻ります。戸崎Jは以前にこの馬に乗っていたので、手替わりのマイナスはさほど考えずに良いでしょうか。ただ、30日に坂路調教で遅れた後、コースに切り替えて軽めの調整がどうか。G1で走るにはちょっと手緩い調整が嫌です。

アドマイヤビジンとアルマエルナトは末脚勝負に徹して。アドマイヤビジンは1400mがベストだと思いますが、ハープスターからコンマ4秒差で、走破時計が1分33秒台は立派。アルマエルナトは前走ロスの多い競馬になりましたが、それでも上がり最速の4着。連続して追い込む競馬で形を作れたのは評価したいです。抽選突破の運を生かして、気楽に1発を狙ってほしい。

ホウライアキコは馬体重とパドックの雰囲気を要チェック。軽い芝の方が良さそうなので、東京は悪くないと思います。能力は十分足りるだけに、レースへ行くまでのロスをどれだけ防げるか。

(新潟11R)新潟大賞典(G3)

◎マジェスティハーツ、○ユールシンギング、▲レッドレイヴン、△タマモベストプレイ、×サクラアルディート、×アドマイヤタイシ

レッドレイヴンの前走は非常に強かったですが、ハンデ差で妙味あるマジェスティハーツ、ユールシンギングから入った方が面白いかなと。タマモベストプレイは強い相手に揉まれてきた経験を重視。この距離も良いですし、55キロも魅力。あとはムラ馬も、能力を秘めているサクラアルディート、脚部不安明けも、乗り込み量は足りているアドマイヤタイシを紐で注意したいです。

« 9日に栗東・藤沢則厩舎へ戻っています。☆シルクフォーチュン | トップページ | この距離は魅力も、除外続きで良い出来での出走は望めず。今回も厳しい競馬を覚悟して…。★ロードクラヴィウス »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9日に栗東・藤沢則厩舎へ戻っています。☆シルクフォーチュン | トップページ | この距離は魅力も、除外続きで良い出来での出走は望めず。今回も厳しい競馬を覚悟して…。★ロードクラヴィウス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ