2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 勝ち馬は別次元も走破時計をきっちり詰めて3着に。障害センスは本物。☆ロードシュプリーム | トップページ | 距離が敗因というのではなく、久々と左回りに難あり。14着に敗れる。★ロードオブザリング »

2014年5月25日 (日)

3角手前で外へ持ち出すとゴールまでその勢いは衰えず。2着馬に3馬身半差をつける圧勝劇。☆ヴォルケンクラッツ

Photo ヴォルケンクラッツ(牡・平田)父マンハッタンカフェ 母ウミラージ

土曜京都4R 3歳未勝利(ダ1800m) 優勝(7番人気) 和田竜J

モッサリとしたスタートとなり、道中は後方2番手を追走、向正面なかばから外を捲って進出し、4コーナーで先行勢に追い付くと、直線では大外から豪快に差し切り、最後は後続に3馬身半差を付けて、既走馬相手のデビュー戦を勝利で飾っています。

和田騎手「返し馬の感触が抜群に良かったので、これは勝負になると思っていました。ゲートの中で少し煩い所を見せて、潜る仕草を見せていたので、出てからはゆったり競馬をさせました。砂を被っても怯む所はなかったので、いつでも仕掛けられるように向正面から外に出して行きましたが、反応も良かったですし、これなら差し切れると思いました。思った通り、長く良い脚を使ってくれましたし、完勝の内容でしたね。今日の感じなら芝でも対応できると思うし、距離が延びても全く問題ないと思います。今日は本当に良い馬に乗せていただきました」

平田調教師「1週前の追い切りの動きがとても良かったので、初戦から良い競馬が出来る自信はありました。さすがに使っている馬との経験の差はあると思っていたので、悪くても次につながる競馬が出来ればと思っていました。少し元気が良過ぎる所がありますが、競馬では初戦とは思えないような内容でしたし、今後がかなり楽しみになりましたね。この後は馬の状態を見て、このまま使っていくかどうか判断しようと思います。ゲート内で少しお行儀が悪かったので、ゲート練習はしっかりやっておこうと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○和田騎手 「返し馬での反応が良かった。それだけにこれなら、という手応えは掴んでいた。ゲートは少し悪かったが、外に出せば大丈夫だと思っていたから無理せず我慢。動き出してからの脚が違いましたね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

全体に余裕残し。向正面半ばで外に出して追撃態勢に入る。初めてのレースだけに、砂を被るのを避けて外々を回る展開になったが、4角手前で勢いをつけてからはグングン加速して、直線に入ると一気に突き抜けてきた。長く脚を使って抜け出した後も2着以下とのリードを更に広げる。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初戦からの好走はやや諦めムードだったので、いきなり勝ったことに驚きましたし、これだけのパフォーマンスを見せることができるとは…。この大物感ある勝ちっぷりはこれまでの出資馬でもなかなかいません。

534キロでパドックに登場したヴォルケンクラッツは雄大な造り。トモの踏み込みが良かったことに好印象を持ちました。心配した気性面は特に気になりませんでした。

レースでエンジンが掛かったのは3角手前から。外めに持ち出した時にグッと反応して、外々を進出。4角を回ってくる勢いがちょっと他馬とは違っていました。この時点で“勝ったかな?”と思いましたが、直線では鞭に応えてしっかり加速。まだまだ緩さが残ると思いますが、トモの蹴っぱりが良く、推進力がありました。

道中13秒台が3ハロン続いたので勝ち時計は平凡ですが、自身の上がり3ハロン36秒8。それでいてゴールに向けて加速のラップを踏んでいるのは余力十分だったんでしょうね。2着以降は人気馬がきっちり掲示板を確保しているので、人気馬の凡走ではなく、単純に力が違ったということでしょう。心臓が良くてスタミナ十分。父譲りのステイヤーと言えるかもしれません。

ただ、まだまだ馬体を持て余していますし、走れる体がしっかり整うまではダート路線を地道に歩んでもらいたいです。あと、1度レースを経験したことで、テンションが上がってくる可能性が高いので、その辺のケアもしっかりお願いします。

« 勝ち馬は別次元も走破時計をきっちり詰めて3着に。障害センスは本物。☆ロードシュプリーム | トップページ | 距離が敗因というのではなく、久々と左回りに難あり。14着に敗れる。★ロードオブザリング »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ヴォルケンクラッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝ち馬は別次元も走破時計をきっちり詰めて3着に。障害センスは本物。☆ロードシュプリーム | トップページ | 距離が敗因というのではなく、久々と左回りに難あり。14着に敗れる。★ロードオブザリング »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ