最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【動画更新】【近況】カルナヴァレスコ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬) »

2014年5月 3日 (土)

歴史に残る名勝負のレースに参加できるのは嬉しい限り。ただ、この距離は長く、まずは無事に競馬を終えてくれれば…。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・松田博)父ディープインパクト 母スペリオルパール

日曜京都11R 天皇賞(春)(芝3200m・G1) 6枠11番 川田J

調教助手「本当に元気があって、状態は良いですね。追い切りは手応えが良過ぎるぐらいで、とても気持ち良く走っていましたし、終いも持ったままで12秒を切るのですから、かなり動いていますよね。今回は人気馬が後ろで競馬をするので、少しでも牽制し合ってくれれば、この馬向きの展開になると思います。同じ競馬をしても、瞬発力勝負では分が悪いので、早目の競馬をして、長く良い脚を使ってほしいですね」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3回京都4日目(5月4日)
11R 天皇賞(春)(G1)
サラ 芝3200メートル(右・外回り)4歳上OP 国際 指定 定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アスカクリチャン 牡7 58.0 秋山真一郎
1 2 アドマイヤフライト 牡5 58.0 福永祐一
2 3 サトノノブレス 牡4 58.0 浜中俊
2 4 サイレントメロディ 牡7 58.0 池添謙一
3 5 レッドカドー セ8 58.0 モッセ
3 6 ホッコーブレーヴ 牡6 58.0 田辺裕信
4 7 フェノーメノ 牡5 58.0 蛯名正義
4 8 ゴールドシップ 牡5 58.0 ウィリアムズ
5 9 タニノエポレット 牡7 58.0 和田竜二
5 10 フェイムゲーム 牡4 58.0 北村宏司
6 11 ラストインパクト 牡4 58.0 川田将雅
6 12 ウインバリアシオン 牡6 58.0 シュタルルケ
7 13 オーシャンブルー 牡6 58.0 藤田伸二
7 14 キズナ 牡4 58.0 武豊
7 15 アドマイヤラクティ 牡6 58.0 四位洋文
8 16 ジャガーメイル 牡10 58.0 石橋脩 
8 17 ヒットザターゲット 牡6 58.0 北村友一
8 18 デスペラード 牡6 58.0 横山典弘

○松田博師 「前走は外へ出せない展開だったが、直線ではラチ沿いの狭い進路を突いてよく伸びてきた、金曜はCWコースを2週。変わらず順調。それに内過ぎず、外過ぎずの好枠を引いた。自分のレースができれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【天皇賞・春】(11)ラストインパクト 折り合いに自信(3日・スポニチより)

2日のラストインパクトは2日、栗東Cウッドチップコースで調整。気分良さそうに駆け抜けた。「特に変わらん」と松田博師。「3200メートルでも引っ掛かることはないと思う。自然と前に行けるだろうし、あとは乗り役に任せる」とリーディング首位の川田に託した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【天皇賞・春】(11)ラストインパクト“らしさ”出た (4日・スポニチより)

これぞマツパク流。ラストインパクトは坂路でしまい伸ばして(4F61秒7~13秒0)最終調整を終えた。「いい感じ。腹回りが締まって、男馬らしさが出てきた」と松田博師は笑み。前走は内で窮屈な競馬になり3着。「今回は、とにかくしっかり走ってほしい」とスムーズな競馬を願った。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

競馬ファンとして、楽しみな4強対決が今年の天皇賞・春。そこに自分の出資馬が名を連ねてくれているのは嬉しい限り。ただ、地力がモノをいう3200mでは厳しいのはハッキリ自覚しています。ラストインパクトが完璧に乗って、4強それぞれにミス・ロスが生じた際に見せ場が来るかな?

それでもデキの良さは4強に肩を並べるほどでしょう。最終追い切りでも素晴らしい伸びを見せていましたし、その後の微調整も意欲的。おそらく生涯最高のデキでしょう。あとは落ち着いた姿でパドックに登場してきてくれることを今から願っています。ここまで良い雰囲気で来ているだけに、神戸新聞杯のような自滅は勘弁してほしいです。

パッと見、逃げ不在のメンバー構成ですが、コメントを見ると、スタートが決まれば、サトノノブレスがハナを主張しそうです。そこにサイレントメロディ、アドマイヤフライトあたりが続くのかな? デスペラードは大外枠でこの距離なら前走のような形はないかなと思いますが。ラストインパクトはポンと出て、これらの馬の後ろで折り合いに専念して欲しいです。

そして淡々とレースの流れに乗った後、2週目の坂の下りで動けるポジション確保を。ただ、キズナがディープインパクトが勝った時のように早めにスーッと動かれると厳しい位置になってしまうでしょうね。まあ、その時は無駄な抵抗はせず、キズナの後ろをついていく感じで良いかと思います。最後の直線の為に、少し脚を残しておいてもらいたいです。

淡い期待は捨ててはいませんが、レース後の反動が大きくならないことを願っています。着順が優れなくても、トラブルなく競馬を終えてくれることが何よりです。

« 【動画更新】【近況】カルナヴァレスコ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ラストインパクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【動画更新】【近況】カルナヴァレスコ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ