最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 行きたがる面を考慮して、復帰戦は東京・ダ1400mへ。☆ウォースピリッツ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・牧場組) »

2014年4月18日 (金)

大混戦★皐月賞(G1)

第3回中山8日目(4月20日)
11R 皐月賞(G1)
サラ 芝2000メートル(右) 3歳オープン、国際、牡・牝、指定、定量
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ワンアンドオンリー 牡3 57.0  横山典
1 2 イスラボニータ   牡3 57.0  蛯 名
2 3 クラリティシチー  牡3 57.0  内 田
2 4 クリノカンパニー  牡3 57.0  江田照
3 5 アデイインザライフ 牡3 57.0  田 辺
3 6 アドマイヤデウス  牡3 57.0  岩 田
4 7 トーセンスターダム 牡3 57.0  武 豊
4 8 ステファノス    牡3 57.0  後 藤
5 9 スズカデヴィアス  牡3 57.0  シュタルケ
5 10 ベルキャニオン   牡3 57.0  福 永
6 11 ロサギガンティア  牡3 57.0  柴田善
6 12 タガノグランパ   牡3 57.0  石 橋
7 13 キングズオブザサン 牡3 57.0  浜 中
7 14 バウンスシャッセ  牝3 55.0  北村宏
7 15 コウエイワンマン  牡3 57.0  松 岡
8 16 アジアエクスプレス 牡3 57.0  戸 崎
8 17 トゥザワールド   牡3 57.0  川 田
8 18 ウインフルブルーム 牡3 57.0  柴田大

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牝馬路線と違い、大混戦のまま突入した今年の牡馬クラシック。当日の天候・馬場状態も微妙で非常に難解です。

まず、人気を予想すると、1番人気トゥザワールド、2番人気トーセンスターダム、3番人気イスラボニータ、4番人気ロサギガンティア、5番人気ワンアンドオンリー、6番人気アジアエクスプレスになってくるのかなと思います。

トゥザワールドは外めの枠に入りましたが、自分から動いていくタイプなので、割り引く必要はないと思っています。逆に内枠が当たるようなら、揉まれ込んだ経験が少ないので、軽視したかったです。馬場が渋っても問題ないでしょう。

トーセンスターダムは個人的に軽視したい1頭です。距離と道悪を経験していますが、デビュー3戦が8→9→9頭立て。今回は一気に倍の出走頭数。これは案外大きな課題だと考えます。また、ゲート内での駐立に課題があるので、奇数枠が当たったのも痛いでしょう。次のダービーに向けて、経験を積む場と見たいです。

フジキセキ産駒2頭は1800mまでの距離経験。イスラボニータは右回りは問題ないとしても、コーナー4つを回る小回り競馬がどうか。また、独特の柔らかい走法なので、時計の出る軽い馬場向きでしょうね。ロサギガンティアは1800mまでの距離経験も、小回りの中山を克服しています。1ハロン延長は辛抱してくれるでしょう。今のところ本命はこの馬かなと見ています。

ワンアンドオンリーは冬場に厩舎でじっくり鍛えた成果を見せた前走。更に上昇しているようなので、ここでも期待したいですが、最内枠はちょっと痛いでしょうか。ここは腹を据えて、内ピッタリに回ってきての直線勝負に徹するのかな?

アジアエクスプレスは叩いた効果に期待ですが、更に1ハロンの延びるのがどうか。馬場が渋って、力勝負になれば、2・3着があるかなというイメージです。人気を落とすのなら、押さえようかなと。

穴と言えるかは分かりませんが、1発あるならクラリティシチーだと思います。肘離れが良くて、キンカメ産駒でもそう窮屈に見せないのが好みです。セントポーリア賞で内で厳しい競馬になったことが、今回生かせるようなら…。

« 行きたがる面を考慮して、復帰戦は東京・ダ1400mへ。☆ウォースピリッツ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・牧場組) »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんばんは☆
皐月賞難解ですね、私も見えてきません(笑)

ロサギガンティアがそのままM・デムーロ騎手なら文句なしに勝ちそうな気もするのですが・・・・
フジキセキってなんとなく2着のイメージですし。
ワールドくんはやはり自分には枠が残念です。
騎手的に積極的に乗りすぎて、前回ほどでなくてもやはり少し早仕掛けで何かに差されそうな気がします。
内枠は黄菊賞とかでは上手に立ち回ったので心配はしていないのですが、今の中山の馬場で内で閉じ込められたらレース結果よりその反動での頓挫が心配ですね★

イスラは上級マイラーに見えるんですけどね、レコード決着とかなら上位にきそうですが・・・
トーセンも調教は動いていましたが、武騎手がまだ物足りない表情でしたし割引かな。

同じく穴馬はクラリティーシティーです。
ワイドしか買わないので、ほとんど穴馬から穴馬のワイド数点で勝負です。
ってことで桜花賞もPOG馬から買わず失敗しましたけど★
弥生賞もマイナスでしたし、カナロア含め出資馬のレースはどれもマイナスになっている残念な人です(笑)

ぼんちゃんさん、こんにちは
ロサギガンティアは思われている以上に強い可能性を秘めていると思うのですが、前走のコーナーリングを見ると、ちょっと不安な気もします。距離は2000までなら頑張ってくれるかなとは思うのですが…。

ぼんちゃんさん出資のトゥザワールドは普通に走ってくれば、大崩れはないと思います。フルゲートで内で揉まれるよりは、反応の良さを生かすには外枠の方が力をフルに発揮できるかと。あとはどこで脚を使うかですね。桜花賞と違い、鞍上の手腕が今回はモノを言うかと思います。

トーセンは京都でしか競馬をしていませんし、未知な部分が多いですね。それでいて皐月賞を勝つようなら、ダービーも当確でしょう。

イスラボニータはセンスの良い馬なので枠は良いかと思います。先行抜け出しでこのメンバーを封じることができるかとなると、怪しいですが…。

クラリティシチーは大味な競馬ばかりしていますが、能力自体はかなり高いですよね。1発なら、この馬かと思います。

あと良馬場での競馬が見込めるので、ワンアンドオンリー・アドマイヤデウスも気になる存在です。

トゥザワールドとクラリティシチーの2頭軸で3連複でちょろっと買っても良いかもしれませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行きたがる面を考慮して、復帰戦は東京・ダ1400mへ。☆ウォースピリッツ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・牧場組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ